スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by のらんば長崎運営事務局 at

2013年03月06日

あちこちにある「幸福」

新聞や週刊誌の読書コーナー、
本の紹介欄はまるで「本の予告編」のようだ。
いろんな評者の煌くような言葉が並ぶ。
映画の予告編もそうだが、本編より面白かったりしてるのではないだろうか?

◎世界しあわせ紀行/エリック・ワイナー著
・自分の幸福以外の何かを求めるほうが、幸福になったりする。
・不幸な国はどれもみな同じように見えるが、
 幸福な国にはそれぞれの幸せのかたちがある。
・幸福とは思想であって、考える人の大きさに応じている。



◎育ての流儀/乾眞寛著
・人づくりの難しさは、組織のリーダーが持つ共通のテーマ。
・足りないものを補おうとするより、まずは長所を磨くこと。
 自信がつけば、自ずとやる気のスイッチが入る。
・変化を作り出せば、突破口が見える。
・できない理由を探さない。どうしたらできるか、に時間を掛けよ。



「〇〇力」や「〇〇の流儀」とか、
今流行りのタイトルがやや安易で興ざめだが、
紹介文一つにも新しい発見があったり、
これまでの視野の狭さに気付かされることが多々ある。

「今を幸福と思えない人は、例え全世界を手に入れても幸福とは思えない」
   ~フランス哲学者:アラン~

ま、オイラは全世界を手に入れようなんて思ってないけど。

  


Posted by 夜更かし中年隊 at 12:59震える言葉
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎(市)情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村にほんブログ村 オヤジ日記ブログ お茶目オヤジへ
にほんブログ村
My Yahoo!に追加
Googleに追加
Bloglinesに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
  • SEOブログパーツ
キネ旬オンライン・ショップ
< 2013年03>
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
プロフィール
夜更かし中年隊
夜更かし中年隊
アラカン(アラウンド還暦)世代。
親父の立場や経験から、
独り言・視線・つぶやきを交えながら
世の中を笑い飛ばして行きます。
PR
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人