スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by のらんば長崎運営事務局 at

2016年02月29日

一芸は全てに通じる!?

茶の道を極めたという茶道裏千家第十五代・前家元:千 玄室氏による著、
日々所作を美しく、心豊かに「日本人の心、伝えます


 ▲「日本人の心、伝えます」幻冬舎より出版

準備と後始末に気を配ると、心に余裕が生まれます
「茶の湯の庭は、地位も身分も取り去った真の姿が露わになる場所です」

〈ゆっくり〉〈少し速く〉〈もっと早く〉の序破急のリズムが、
 人生にメリハリをつけます

「他人と和し、敬い合い、自浄の志と揺るぎない信念を持つ。
 それが理想の姿です」

慢心しない心の美しさが〈わび〉、
 古びた味わいに美を見出すのが〈さび〉です


足るを知れば、心豊かな毎日が送れ、どんな苦境も乗り越えられる

「完成され、非の打ちどころのないものよりも、
 不完全なものに惹かれます」
「暑い時には涼しく、寒い時には暖かく、相手の身になってもてなす」・・・

丸い茶碗は地球。
お茶の緑は自然。
両手の中に、緑の地球の恵みがある。
茶道の心は、緑の地球と平和への祈り。


 ▲こんな著書も・・・

今忘れつつある、善き日本人の心を伝えたくなる一冊。  


Posted by 夜更かし中年隊 at 22:43震える言葉震える記事

2016年02月28日

人に優しい、肌にやさしい♪

外食に行く途中で寄った、あるアミューズメント施設。
久々に寄ったトイレでの、この〈おもてなし〉に驚いてしまった。


 ▲上の台も小物を置くのに何かと便利

トイレットペーパーが2個並んでいるのも親切だと思うが、
その並んだペーパー2種類が違う!
片方手前には、かため〈ウォシュレットを使用する方にオススメ!〉。
ウォシュレットを使用しない人もいるのかな?


 ▲こちらはややゴワゴワ感が・・・

もう片方には、やわらかめ〈デリケートな方にオススメ!〉。


 ▲このソフト感は〈かため〉と比べるとよくわかる

個人的には、やはり〈やわらかめ〉を使い続けたい。

ちょっとした事だけど、〈かため〉硬いペーパーと〈やわらかめ〉柔らかいペーパー。
2つとも手触り・尻触りを試したが、確かに違う!!
お客様は色んな事情を抱えて入館して来るのだろうから、
違う触感の2つのトイレットペーパー並べて設置していれば対応もできる。

準備も掃除も大変だろうけど、こんな小さな心配りが人を感動させるんだよなぁ。  


Posted by 夜更かし中年隊 at 10:03拡がる世界

2016年02月27日

「ハウス・オブ~」野望の階段は頂点へ

ハウス・オブ・カード 野望の階段」シーズン2の全13話、鑑賞終了。

復讐とは、<狩る>か<狩られる>かだ。
第65回エミー賞監督賞・撮影賞・キャスティング賞の3部門受賞、
ロビン・ライトがゴールデン・グローブ賞主演女優賞を獲得した一級サスペンス。


 ▲シーズン2で野望の階段は頂点へ?

今回も心に残る名言&迷言の数々を。

「最大の魅力は容赦ない実利主義だ。互いに支え合おうじゃないか」
高く上ると、足場は荒れるものだ
「二面性は駆け引きの武器になる」
「進歩とは、変化すること」
「頭ではなく、心に訴える」
「妥協する者は賛辞に値しない」


 ▲妥協を許さぬジャーナリストはどうなるのか・・・

「悪さをした経験がない者は、正しい行いをしても満足出来ない」
嘘の上手い者ほど、周囲には嘘が下手だと印象付けるものだ
「歴史に執着する大統領は、歴史を創るよりも、自身の歴史的価値を気にする」
「大統領とは偉大で掛け替えのない職。孤独はその代償です」

◎「ハウス・オブ・カード 野望の階段 シーズン2」 予告編


「中国で手広く商売をする時は、要所で賄賂を払い適宜人を始末する。
 中国では、失踪者が絶えない」
「私は世の中に期待したことがない。この世界は醜くて不公平よ。
 だから、小さな幸せが嬉しい。」

あんたは唯の得意客だ。友達の振りなんか、しないでくれ


 ▲友達も仲間も次々と去って行く・・・

権力への道は、偽善と犠牲から出来てるものだ

「レイモンドは素早く徹底的に叩く。彼を抹殺する」
「それじゃ足りない。苦痛を与えて」


 ▲シーズン2で暗躍するレイモンド

「嵐の中を全速力で掛けている中、大波を避ける事に集中せず、
 縄張争いに気を取られるとは何事だ」

「人に3度目のチャンスを与えたことはない。今回迄はな」
「感謝します。後悔させません。信じて下さい」


 ▲お気に入りの側近タグはどうなった?

「不死身のアキレスでさえ、弱点はあった」
躓いたが、まだ倒れていない
「心臓に全身の血液が集まってしまうと、頭は死ぬ」
「大統領の孤立化は狙っていたが、私まで切られた」・・・

185

気が休まる時のない、策略・裏切り・抹殺が当たり前の政界。
シーズン5まで製作されるらしい「ハウス・オブ・カード 野望の階段」シリーズ、
階段を上り詰める先にあるものは、果たして?

シーズン3のDVDは、まだかいな?  


Posted by 夜更かし中年隊 at 15:17震える~シネマ震える~TVドラマ

2016年02月26日

そんなもの、ほっ「トケイソウ」

映画「男はつらいよ」での寅さんの啖呵売(たんかばい)では
「物の始まりが一ならば、国の始まりが大和の国、
 島の始まりが淡路島、泥棒の始まりが石川の五右衛門なら、
 助平の始まりがこのオジサン」てな事になるのだろうが・・・

それはこの一句から始まった。

   「皆同じ 時刻を指して 時計草

ならば〈時計草〉ってどんな植物?と、知りたくなるのが人情紙風船?


 ▲〈時計草〉は意外と質素な花

トケイソウ(時計草、パッションフラワー、Passion flower)」
   〈時計草〉の和名は3つに分裂した雌しべが
   時計の長針・短針・秒針のように見える花を咲かせることに由来。
   花言葉は聖なる愛
   果物の〈パッションフルーツ〉はクダモノトケイソウ(Passiflora edulis)の実。


 ▲パッションフルーツ By ウィキペディア

〈パッションフルーツ〉はスプーンですくって種ごと食べる。
世界の生産量の9割が加工品として利用され、香料・ジュース等として流通。
ジュースの香り付けやケーキ・ゼリー等の洋菓子類、カクテルベース等。
   
「トケイソウ」も鑑賞用だけでなく、人に食べられてるのか・・・  


Posted by 夜更かし中年隊 at 16:14拡がる世界

2016年02月25日

「ヨーデル食べ放題」でお腹もよー出る♪

日も暮れかかる通勤途中のカーラジオ、
密壇のラジオ番組から流れてきたのが「ヨーデル食べ放題」。



聴くのは初めてではないが俗に言う〈コミックソング〉又は〈珍曲〉?
これがヨーデル風の歌は上手いし歌詞も笑えてニンマリ。

◎ヨーデル食べ放題

 ▲画像は今一つだが歌はイケル

  ♪味噌 味噌 味噌 味噌 味噌 味噌 味噌汁 飲み放題
   ビールは別料金

   関取も プロレスラーも 食べ放題
   ダイエット姐ちゃんも 今日だけ解禁日・・・

作詞・作曲:リピート山中、編曲:赤坂東児、
歌っているのは「桂雀三郎 with まんぷくブラザーズ」だそうな。
ここら辺にも、関西のパワーを感じさせるなぁ。  


Posted by 夜更かし中年隊 at 15:09震える一曲

2016年02月24日

「ハウス・オブ・カード」の脇役・適役・仇役

レンタルDVDを追っ掛けて観ている「パワー・オブ・カード 野望の階段」。
監督・脚本・役者が揃うと、こんなにダークで面白い作品が出来るのか!?
「 ハウス・オブ・カード」シーズン1全てを、夜中1時半過ぎ鑑賞終了。
一話約50分の全13章、通すと約11時間も掛かった陰謀と裏切りの政界ドラマ。

ケヴィン・スペイシー&ロビン・ライトの絶妙な野心で繋がっている夫婦。
誰にも謝っちゃダメ。私にもよ


 ▲裏でこんなことやってる、お似合いの夫婦

主人公フランクへの忠誠心が半端ない側近、タグ役のマイケル・ケリー。
「ゴッドファーザー」の相談役が印象的だったロバート・デュヴァルを彷彿とさせる。
こういう腹心の部下がいるといないじゃ、ドラマの奥行きが違ってくる。 


 ▲忠誠心とは俺のこと!?マイケル・ケリー

政治の裏を暴こうとする若きジャーナリストのゾーイ役ケイト・マーラ。
正直女性としての色気や魅力はあまり感じないが、野心満々の無鉄砲さはある。
彼女は「ドラゴン・タトゥーの女」のヒロイン:ルーニー・マーラのお姉さん。


 ▲政治の裏を暴く記者ケイト・マーラ

飲酒・ドラッグ・売春と問題点が多い下院議員役のコリー・ストール。
家庭持ちで人は良いのだが、生きる世界を踏み違え選挙戦に利用されてしまう。
1976生まれだからまだ40歳なのに、見事なスキンヘッド。
ウディ・アレン監督「ミッドナイト・イン・パリ」でヘミングウェイを好演し注目された。


 ▲器が大きく、これからを期待したい役者コリー・ストール

まだまだ様々な脇役・適役・仇役が登場してくるが、そこはネットでチェックされたし。
役柄ピッタリの〈適役〉もいれば、主人公の野望を阻止する〈敵役〉も大勢いる。 
話のテンポも速くいろんな名前が飛び交うので、
一通りのキャラクターや相関関係は押さえておいた方が良い。

「ハウス・オブ・カード」シーズン1での、印象的だった台詞の数々。

友は最悪の敵になる
「不安げな女は退屈だ」「人を見下すような男もね」
信仰は持たなくても、拒絶はするな

寛大さを示すのも力の内だ

「あんた、楽しんでんだろ?」
「医者が検査でタマを観る時、楽しむと思うか?
 選挙の結果に興味などない。だが、勝ちたきゃちゃんと答えろ」

「アイツは素人だよ。
 私を相手に1時間持たなけりゃ、報道陣に囲まれたら直ぐ自滅する」
「過去と真っ直ぐ向き合わなければ潰される」
大衆は常に弱者の味方だ。
 弱者と再起。このような要素がプラスに働くのは調査済みです


「迫りくる疑念を振り払うには、剥き出しの真実を突き付ける」
「明日回せるものに、今向き合うことはない」
備えと幸運が成功のカギ

「(あの人は)助言はするが実行力がない」
「感情に任せて決断することは、もはや決断ではない。それは本能だ。
 本能には、それなりの価値がある 」
「あなたが推測をお嫌いなように、私も仮説が嫌いです」


 ▲いずれは大統領の椅子?

「皮肉なものだ。目的の為に相手を脅すことはあっても、
 脅される側に立つとわねぇ」
「反抗的な人に、誠意は必要ない」
危ない橋を渡らなきゃ、本物の取材と言えない。
 大きなネタを追ってる時ってビビルものなの。物凄く危ない橋を渡るから


「利用されてるのは解っています。だが目的を知りたい。」
「私は切り捨てても問題ない人間しか利用しない。
 だが君は違う。連携を強めたい」
「流石に胡散臭いですよ」

「証言するより逃げる方がまし」
「私の思う忠誠心は金で買えるものではない。
 私に忠誠を誓わせたいなら、そっちも私に忠誠を誓え」
「現在我が国に必要なのは経験と知性。
 そして、忠誠心を兼ね備えた人物」
感謝の気持ちは、今後の行動で示してくれ」・・・

「ハウス・オブ・カード」の台詞は、名言のミルフィーユ。  


Posted by 夜更かし中年隊 at 10:02震える~シネマ

2016年02月23日

夢は正直?隠れた欲望?

慢性的寝不足とバイトの修正・レンタルDVD「パワー・オブ・カード」の視聴・
火曜提出の川柳作句・お別れ会の準備&打合せ等々・・・
やらねばならぬことが色々あって、夕食後にはいつもの様にウトウト。
「早く布団で寝れば!」と怒声?浴びて寝床へ。
爆睡したのか?疲れてたのか?変な夢を見てしまった。

マラソン大会でやたら走っていた、しかも先頭を!
普段走るのもそんなに得意でないのに、何でやねん?
追い立てられてんのか?脅迫されてるのか?


 ▲夢の中で兎に角走ってる・・・

やっとゴールに辿り着いて汗かいていたら
「まだ走ってないコースが残っている」と案内され、また走らされる・・・ 

そこで目が覚めた。
やっぱり汗をかいている、疲れている、目覚めがキツイ。
何で夢の中でこんなに疲れるんだろう?  


Posted by 夜更かし中年隊 at 13:01人生いろいろ

2016年02月22日

映画「海街diary」の裏目線

ブログでも取り上げてる是枝裕和監督・脚本の映画「海街diary」は、
キネ旬・毎日映画コンクール・日本アカデミー賞など多くの映画祭で受賞。

◎鎌倉・海街・屋敷街
http://hayaoki1951.noramba.net/e271800.html


 ▲「海街diary」の好演で助演女優賞受賞の長澤まさみ

「日刊スポーツ映画大賞」で長澤まさみが助演女優賞を受賞した時、
共演者でもあるリリー・フランキーのこの言葉に視線の鋭さを思わず感じた。

落ちついた映画なのに、
 見終わった後ちょっとエッチな映画見た気がするのは長澤の力量



 ▲立膝女優の衣装も対照的

確かにそうなのだ。
オープニングの長澤まさみの足元からなめていくカメラの艶めかしさ。
長い脚を持て余すかのような、食卓を囲むシーンや寝そべるシーン・・・
是枝監督からは「色気のある女性を!」と要求されたらしいが、
女優長澤のそういう身体特性や無防備なセクシーさを意識した演出をしている。

◎長澤まさみ女優助演賞を受賞 「第70回毎日映画コンクール」


出演する4姉妹全体にも言える事だが、
長澤まさみに関しては完全な男のエロ目線が入っていて我々男性を悦ばせる。
そう言えば以前、映画「モテキ」の長澤まさみにイカレちまった事もあった。

◎「モテキ」のステキな女優陣
http://hayaoki1951.noramba.net/e202013.html

キレイ・可愛い・面白いだけじゃない映画「海街diary」の隠れた魅力を、
作家でもあるリリー・フランキーが〈上手く突いてるなぁ〉と思わず感心した次第。

そして、長澤まさみお薦めの写真はコレ。


 ▲これから益々妖艶な女優になっていく?

長澤まさみに絡み付く、砂になりたい!」と思うのはオイラだけ?  


Posted by 夜更かし中年隊 at 10:08震える~シネマ震える言葉

2016年02月21日

好きな色が拾える夢のペン♪

時代はついに、ここまで進んだか!」の感有りのニュース。

デザインの世界では写真の色を拾って彩色をする事がよくあるのだが、
そんな一ヒントから生まれてきた様な製品の誕生!


 ▲一枚の絵だけでは説明がつかないが・・・

カルフォルニアで開発された「Scribble Pen」。
カラーセンサーとマイクロプロセッサを搭載した世界初のペン。
何が?って、このペン1本で1600万もの色が書けるんだとか!?

◎1本で1600万色。好きな色を「拾って書ける」夢のようなペンが登場


「Scribble Pen」紹介記事はコチラ
http://i.meet-i.com/?p=76449

お値段は紙用の「Scribble Ink」が149.95ドル(約15,000円)、
「Scribble Stylus」が79.95ドル(約8,000円)の予定。
・・・ということは、いずれ紙以外でも描けるようになる?

似たような用途で思い出したのが、イラストレーションソフトのこんな機能。


 ▲イラストレーションの〈スポイトツール〉

スポイトツール」を使うと、画像の色を拾うことが出来る。
言ってしまえば、この機能を製品化したって事。
話題にはなっても、このペンがヒット製品になるかどうか?
今後は価格次第って処か。  


Posted by 夜更かし中年隊 at 13:31拡がる世界

2016年02月20日

もの淋しさを味わうのも人生

夕方迄バイトや諸用を済ませてる処へ、友人より飲会誘いの電話。
振り返れば今月の週末は福岡行や仕事が重なり、街に繰り出していない。
馴染みの店で、まだ今年一回も合ってない友人や常連さんもいる。
「明日の土曜日も出勤だし、ご無沙汰だなぁ」と思っていた処だったんで、
二つ返事で夜の街へ繰り出す事に♪

久々の浜町アーケード街は、ランタン飾りで超華やか。



メイン会場の湊公園周辺は前に回っていたけれど、
ここの通りも休日前で凄い賑わい。



一軒目は食事も兼ねて店長に会いに「時〇亭」、二軒目は馴染みの「〇ゲン」。

帰りに最初の店でマフラーを忘れた事に気付き、
今度寄る時まで保管して貰う事に。

これから益々こういう紛失物やド忘れなど、増えていくに違いない。
途中から雨にも見舞われ、ランタンの賑わいと対照的な
もの淋しさを味わいながら帰路に着いた。  


Posted by 夜更かし中年隊 at 18:09人生いろいろ

2016年02月19日

Windows10で世界は拡がるか?

パソコンをやっと?Windows8.1からWindows10へ。
理由は、「ひょっとして,もう直ぐ有料になるかも?」と耳にしたから。
しかし、リリース1年後に有料になるという確証はないらしい。
パソコンを買った当時は、Windows8.1も最新版だったのになぁ。
いきなりWindows10とは、Windows9はブッ飛ばし?
いずれ新バージョンになって行くのだから、慣れるのも早いに越したことはない?

今は操作の違いにあれこれ迷い、ネット検索しながらやっている状況。


 ▲スタート画面からこんなに違う

最近は新製品の電化品を買っても、説明書やガイド本が添付されてない事がある。
「詳しくはネットで!」という事らしいが、これはいざという時やたら不便。
何でもネット頼みって、身近にそういう環境がないとどうしようもない。
電気が消えれば頼みの綱はなくなる。
便利さの裏には、いつも落とし穴がある

それでも、新しいものには慣れていくしかないのだ。
好奇心を満足させるには、根気強さも必要。
好奇心は生きていく一つの力。  


Posted by 夜更かし中年隊 at 10:23人生いろいろ拡がる世界

2016年02月18日

影法師・山高帽子・ボケ防止

「山高帽(帽子)」と言えばチャーリー・チャップリン、ピンキーとキラーズ、
映画ならキュブリック監督「時計じかけのオレンジ」を思い出す。


 ▲一世を風靡したピンキラと山高帽

山高帽子・ボケ防止・防犯防止・影法師につくつくぼうし・・・
〈・・・ぼうし〉づくしにもいろんなものがある。
こういう言葉遊びや頭の体操も、一種のボケ防止になるんだとか。

日本には65歳以上の認知症高齢者が約462万人、
軽度認知障害の人が約400万人いるらしい。
ある小冊子で見つけた「60代から始める認知症予防」の本。
  ~人生これから!
    認知症にならないために今からできること



 ▲〈認知症予防〉はいつからでも始められる

楽しみながら続ける「12の予防法」として、
 1.おしゃべりの輪を広げよう
 2.料理のレパートリーを増やそう
 3.バランスよく栄養をとろう
 4.運動を習慣化しよう
 5.ダンスを踊ろう
 6.頭の体操をしよう
 7.手先を使って創作しよう
 8.園芸で五感を刺激しよう
 9.旅行に出掛けよう
10.車の運転を楽しもう
11.アロマで生活リズムを鍛えよう
12.新しいことにチャレンジしよう

これ等を全てやってる人はいないだろうが、近い事をやる価値はある。
例えば〈5.ダンスを踊ろう〉は、カラオケを歌おう♪でもよくないか?
〈2〉や〈3〉の料理のレパートリーが増えれば、栄養バランスだって拡がる。
車で旅行に出掛ければ、〈9〉や〈10〉はクリアー。
要するに頭や身体など全身を使って、行動範囲を拡げようという事。


 ▲カラオケルームで歌って踊って語るも良し

家を出れば、いろんな出会いもある。
趣味を通して、会話や友人関係も拡がる。
脳はストレスを溜めるとよくないので、自分なりのリフレッシュ法を考える。
刺激に乏しい生活は認知症を招き易いので、
変化を愉しむ心のユトリが大切」って事かいな?  


Posted by 夜更かし中年隊 at 12:58震える一冊

2016年02月17日

遅ればせ~の「ハウス・オブ・カード」

先日別の作品を借りにDVDレンタル店へ寄り、
ついでに借りたのが以前から観たいと思っていた「ハウス・オブ・カード 野望の階段」。
映画に負けない海外ドラマの、テンポの良さと面白さを堪能している。
まさに「13時間の映画!」。


 ▲ポスターの星条旗が逆さまなのがミソ・醤油?

「ソーシャル・ネットワーク」「ドラゴン・タトゥーの女」のデヴィッド・フィンチャー監督と、
「ユージュアル・サスペクツ」「アメリカン・ビューティー」の実力派男優ケヴィン・スペイシー。
この二人がタッグを組むのが〈欲〉と〈復讐〉にまみれた政界物と聞けば、
決して一筋縄ではいかないエキサイティングな迫真ドラマが誕生するのが当たり前?

金よりも、愛よりも、手に入れたい物、それは権力だ

まともな精神状態ではとてもやっていけそうにない、皮肉やジョーク。
そうした中で繰り広げられる政略の為の嘘と屈辱と真実。
そのどれもが、政界の権力を得る為のステップ。
「カメラ目線」による演出が、視聴者を混迷の政界へと怪しく誘う。

◎「ハウス・オブ・カード 野望の階段」トレーラー


「苦痛には2つある。
 自分を強くする苦痛。そして無益な苦痛」
清廉潔白だけの人はいない
「仮の話はいい。本音で頼む」
「金と力の違いに気付かない者は愚かだ」
「神の御業は人を介して行われる」
政治はギブ・アンド・テイク」・・・

何かと便利なのは、ネットにオフィスサイトが掲載されている事。
テンポが速すぎて掴み辛いストーリーや人脈も、ここを覗けば問題解決!?


 ▲オフィスサイト掲載の主人公フランクを取り巻く相関図

元衆議院議員:杉村太蔵氏の賞賛コメント。
裏切りは政治の世界では挨拶代わり。
 コテコテでドロドロの政治の世界
を思い出し、再び血が騒ぎ始めました。」

一筋縄で叶わぬなら、何本の縄が必要なのだろう?
縄は多い程、隠しカードは多い程、政界で生き残れる可能性は高い。  


Posted by 夜更かし中年隊 at 10:01震える~TVドラマ

2016年02月16日

鎌倉・海街・屋敷街

昨年公開で評判を呼んだ、是枝裕和監督の映画「海街diary」再見。



鎌倉の古い屋敷に暮らす3姉妹が腹違いの妹を迎え入れ、
色んな想いを抱え鎌倉の四季を映しながら家族の絆を紡いでいく物語。
出演は4姉妹に綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すず。
共演が樹木希林、大竹しのぶ、風吹ジュン等の監督好みの女優陣に
堤真一、リリ-・フランキー、加瀬亮、鈴木亮平といった男優陣。

4姉妹の美しさに見惚れ、それに負けない個性やコラボレーションも楽しい。
しっかり者のまとめ役を背負った綾瀬はるかの意外としなやかな演技力、
長い手足が色っぽく自由奔放に見えて心の脆さがちらつく演技が見事な長澤まさみ、
間に挟まれほんわかとした雰囲気がクッション材になっている夏帆もいいし、
今でしか見られない若さと輝きを放つ広瀬すずがまぶしい。
若い頃の宮沢りえちゃんにも面影が何処か似て、兎に角可愛い♪

◎映画「海街diary」予告編


どうしようもない疲れた生活感が漂う大竹しのぶ。
「その話はこれでおしまい!」と口喧嘩の場を仕切る樹木希林。
出番は決して多くないが、この人にしか出来ない凄みを感じさせる。
桜のトンネルを自転車で滑走するシーンの美しさも忘れ難い。

「あの娘、かなり煮詰まっていたのね」 ※こんな表現力は見習いたい
「自分の居場所はココではないと気付いた」
「化粧すると、テンション上がるのよ」 ※新しい服も!
私には息が詰まるだけだったけど、あんた達には大切な場所になってたなんて
「私、人のダメな処ばっかり気になるのよね」
「ありゃ男だね。前にもいっぱい買物してきた事あったじゃん、失恋して」


 ▲以前CMで見たような、こんな大胆な?シーンも

「いいね、この服」
「じゃ、あげる」
「勝負服じゃないの?」
「私は服に頼らなくても、勝つ時には勝つ」



「こんなこと、酒呑まずに言えることではないよ~」 ※そんな事が多くて・・・
「あっ、これお祖母ちゃんのだ。お祖母ちゃんの臭いがする」
あの子いろんな事があって、子供時代を奪われてたのよ」 
「ここにいたい、ず~っと」
あんた達が傍にいてくれて叔母ちゃん、安心して逝けたんじゃないやろか
「もう直ぐ死ぬとわかってても、キレイなものをキレイと思えるのが嬉しい」・・・

奇しくも以前この映画は現代版「細雪」の風情と評したが、
個性の異なる4姉妹が繰り広げる嫋(たお)やかな時間が愛おしくなる。
姉妹達の成長が気になり、いつまでも見つめていたい。

監督や脚本の優しい視線と温かさ・丁寧な演出が、凄く心地良い映画だ♪  


Posted by 夜更かし中年隊 at 12:12震える~シネマ

2016年02月15日

食べ歩きも楽しい「長崎ランフェス」

少し前だが今週の〈建国記念日〉祝日前、
街へ出たついでに新地迄「長崎ランタンフェスティバル」視察。
会場周辺の車を入れる予定だった駐車場は何処も満杯、
しかも道路は渋滞のノロノロ運転。
「長崎ランフェス」を覗きに行こうと気まぐれに決めただから、これも仕方ない?
中心街まで車で乗り込んで来た事を後悔しつつ、3つの駐車場をスルー。
やっと4つ目に繁華街の銅座駐車場をゲット!


 ▲ランタンの極彩色の光が雰囲気を盛り上げる

人混みに揉まれぶつかり合い乍ら、中華街を湊公園へ向かう。
露店の食べ物店は年々増えている気配。
定番の角煮まんじゅうハトシも色々種類が増え、
よりより等の中華菓子はじめ牡蠣焼きや揚げたて蒲鉾・和菓子も・・・
立ち食いする選択肢が増えたと思えば、それもいいか。
好物のエビ入り揚げたて〈ハトシ〉を買い、ホクホクしながら食べる。


 ▲揚げたてハトシの美味さは格別

ガードマンに導かれながら右側通行、メイン会場の湊公園へ。
やはりここが一番華やかで見物客も多い。
豚は子孫繁栄の象徴らしいけど、生首が鎮座した祭壇はいつ見ても不気味。
湊公園会場でもうすぐ「龍踊り」が始まるらしく、広場にはわんさか人だかり。


 ▲湊公園で「龍踊り」の出番を待つ

「龍踊り」はコンベンション協会の観光用出し物で、
広場の狭さもあって「龍踊り」本来のスピードや勇壮感が微塵も感じられず。
観光客に、これが本物の「龍踊り」だと思われたのではちょっと心外。

隣りで、子供3人を抱きかかえ「龍踊り」見物してる若いお父さん発見!
母親は傍にいなくて、子供達はハパにしがみ付く様によく捕まっている。
両腕に一人ずつ、一人は肩車の子供3人。


 ▲よく見えないけど3人子持ちの若いパパ、頑張れ!

若いお父さんパワーに思わず感心させられる。

一通り見て回り、帰りは中華街の「ちゃんぽん」「皿うどん」で締め。
何処の中華料理店も順番待ちで人が並び、比較的空いていた〈桃華園〉へ。


 ▲ご縁があっての桃華園

サービス係はお客様が多くても動ぜず感のベテラン叔母さん3人、
慌てるでもなくマイペースで黙々とお客さんを捌いている。
長崎中華街の「ちゃんぽん」はどのお店も美味しく、〈桃華園〉も例に漏れず。
店ごとに少し味付けが異なるだけで製法は同じ、
「ちゃんぽん」に大きな外れはなく〈桃華園〉のも美味しく戴いた。

わずか2時間程度の「長崎ランタンフェスティバル」視察。
祭りだ!火事だ!と聞きつけたらつい飛び出したくなる性分も、
〈好奇心〉が若さや健康の素になってくれれば有難い♪  


Posted by 夜更かし中年隊 at 05:32震える風景近況風景

2016年02月13日

スターのままでは生き辛い?

元プロ 野球選手で野球評論家・タレント業もこなしていた清原和博元選手が、
覚醒剤所持で現行犯逮捕されたのは2月2日。


 ▲憧れの才能や身体能力と魅力も持っていた清原選手

数年前から覚醒剤容疑でマークされているにも関わらず
結局こういう結果になってしまったのは、
やはり一度覚醒剤を始めると〈抜け出す事の難しさ〉を露呈する。
疑惑の目が向けられていた時点でキッパリやめておくべきだったのに、
それが出来なくなるのが薬物依存の怖さなのだ。

離婚や子供に会えない寂しさ・仕事への行き詰まり等々、
薬物に手を出す原因をあげればどれも当てはまる事ばかりだろう。
しかし母親や家族の忠告も聞かず覚醒剤の世界へ転落して行ったのは、
スーパースターからの転身も上手く行かず己の進むべき道を見失ったからだろう。

社会人でも、〈会社勤め〉から〈定年生活〉の切替には一種の戸惑いを感じる。
ましてや清原はグラウンドで輝き、一時代を築いたスーパースター
それ故の、凡人には理解しがたい悩みもあったのだろう。


 ▲受賞はスターのハイライト By 海外ドラマNAVI

超一流選手に限らず芸能界でも、
最初からスターの奴は、最後にバカをする」とよく言われる。
スターであることのポジションや振る舞いは知ってはいても、
いざスターの座から降りた時の処世術は知らないし周囲の関心も薄れる。
交友関係も現役時代とは様変わりする。
忘れ去られる恐怖や淋しさ、そして初めて味わう気持ちの落ち込み。
周囲からは「これからどうするのだろう?」と好奇の視線も浴びる。
そうしたプレッシャーに追い立てられる事もあるのだろう。

現役を退いたら、何を始めるのか?
 どういう生活を目指し、何をしたいのか?
 転機を迎える時には、そういう心の準備は必要だな
」と考えさせられる事件だ。  


Posted by 夜更かし中年隊 at 17:08人生いろいろ

2016年02月12日

旅は夫婦連れ・日々是好日

先月29日は大分日田~福岡大川巡りの「バス旅行」、
今月6・7日の土・日に福岡へ「宗像フィルコンサート」に行って帰って来たばかり。
そして昨日11日(木・祝日)は先輩T夫婦と我が夫婦の4人で、
彼等が買った〈プリウスPHV〉「新車体験ドライブ」で北九州門司~下関~田川へ。


 ▲低燃費のプリウスが充電も出来る様に進化した〈プリウスRHV

普段の休日なら午前中は布団の中でゴロゴロ状態だというのに、
「朝8時に迎えに来るけん」の電話で、我が家特例の早起き!(やれば出来るじゃん)
日頃の行いが良いのか?天気もこれ以上ない快晴のドライブ日和♪

まずはT氏初めてと言う「門司港レトロ地区」散策へ。


 ▲「何でバナナ?」と思わせるのも一つのPR

昔輸入バナナは台湾を通して門司港に入って来ており、
バナナの叩き売り発祥の地とかでバナナ関係の像やお土産物も多い。
お昼は野菜や鶏肉や合挽と、種類もいろいろある門司港名物「焼きカレー」。
「ごはんの上にカレー、それにチーズと玉子をのせオーブンで焼く」
これがオーソドックスな〈焼きカレー〉で、美味な料理を楽しむ。


 ▲こんな「焼きカレーマップ」があるので便利

天気は良いがまだ2月、海風は流石にまだ冷たく寒い。
こういう海沿いの施設は冬場をどう乗り切るか?がネックとなり、大変だろう。

次は関門海峡を歩いて渡ろうと「関門トンネル人道」へ。
関門トンネルは1958年に21年という歳月を掛けて完成したという。


 ▲ここから海底約60mの地下道へ

長さ780mの通路を歩いて行くと、そこは山口県下関市。


 ▲海底の県境。下関市と北九州市を結ぶ「関門トンネル人道」

下関では、壇ノ浦の戦いで入水した〈安徳天皇〉御影堂がある「赤間神宮」へ。


 ▲まさに「竜宮殿」の赤間神宮。結婚式も挙げられる。 By 赤間神宮HPより

平家一門14名を祀る供養塔もあり、小泉八雲で有名な「耳なし芳一」の舞台。
「耳なし芳一」の木彫り像も鎮座している。

帰りは北九州を田川まで下って、「源じいの森温泉」を楽しむ。
田川郡赤村あげての大施設なんだろう、
温泉だけでなくロッジ・バンガロー・ガーデンホーム・キャンプ場等も併設。
場所は片田舎でも、祝日もあってか人も車も多く活況。
ここのレストラン「星垂(ほたる)」で頂いた料理が、超豪華版なのに超廉価!


 ▲「健康ヘルシー御膳」これで1080円!

このメニュー数とボリュームだと、街中で2000円以上は必至!?
何とも有難いお徳感と味を腹いっぱい味わって、今回の旅はいよいよ帰路へ。
自宅到着が夜10時前、約12時間の北九州方面へのドライヴ。
車内では普段聞けない話せない意外な自叙話や驚きの暴露話もあったりして、
心地良い疲れと満足感の一日に感謝♪感謝♪の〈日々是好日〉。

ここ数日間九州を飛び回った感じもするので、暫くは地味な暮らしを・・・  


Posted by 夜更かし中年隊 at 17:00ドライブがてら

2016年02月10日

思わず応援!新人俳優〈篠原篤〉

大した応援はしてないし出来ないけれど、
橋口亮輔監督の映画「恋人たち」の俳優〈篠原篤〉には注目したい。


 ▲真面目そうな新人俳優:篠原篤

「2015年キネ旬ベスト・テン」で新人男優賞受賞は知ってたけれど、
今日の新聞記事で既に3つの新人賞に輝いている事を知る。


 ▲この顔が〈今時の顔〉

◎待ってたホイ♪「2015年キネ旬ベスト・テン」
http://hayaoki1951.noramba.net/e271429.html

「映画のオーディションで勝ち取った」というより、
橋口監督に拾って貰って飛び出させてくれた感じが強い。
一見不器用そうな外見だし器用な立ち回りは出来そうにないけど、
そこは新人と言えど俳優!思った以上に化けて大物になるかも知れない。

いい演出家との出会いやチャレンジ精神が、今後の活躍の鍵になる。
派手さはないが、こんな地道で朴訥な俳優はつい応援したくなる。  


Posted by 夜更かし中年隊 at 13:14震える新聞記事

2016年02月09日

何処にある?「サードプレイス」

サードプレイス」とは何か?

「ファーストプレイス」が自宅及び家庭。
「セカンドプレイス」が職場や学校。
そして「サードプレイス」とは、一個人としてくつろぐことができる第三の居場所

米国の社会学者で提唱者オルデンバーグは「サードプレイス」を、
都市生活者に出会いや良好な人間関係を提供する重要な場であるとしている。
その特徴として上げているのが、
  「無料または安価で利用できる」
  「飲食が可能」
  「アクセスがしやすい」
  「常連が習慣的に集まる」
  「フレンドリーで快適、居心地がよい」
  「古い友人と新しい友人の両方に出会える」
・・・

代表例として、フランスの〈カフェ〉やイギリスの〈パブ〉などを挙げている。


 ▲お手頃値段で飲食しながら常連と・・・

しかし、個人的にあまり深入りしないとか適度な距離感を保つ等、
良好な人間関係を築くことはかなり難しい。
   「いい仲間 適度な距離で 無関心
そんな心構えも必要だと思われる。

あなたが身も心もリフレッシュ出来て、若返った気持ちになれる所は何処?
お馴染みの「喫茶店」か「飲み屋さん」か「居酒屋」辺りか?
はたまた、ちょっとした公民館系のスポーツジムとか趣味の会だったり?
・・・等と思っていたら、こんな統計が。


 ▲具体的なサードプレイスの場所 By レポセンHPより

実家や海外など「サードプレイス」の特徴とは、ちょいと掛け離れている様な気も?

最もくつろげる自由な場所、そこがあなたの「サードプレイス」。
「サードプレイス」があると、精神的ゆとりが生まれたり増したりするそうな♪  


Posted by 夜更かし中年隊 at 17:25震える言葉

2016年02月08日

寄り道・花道「宗像フィル」の旅

6日(土)・7日(日)は「宗像フィル ウィンターコンサート」を聴きに福岡へ。



6日の夜勤明けの昼過ぎ。
こっちが「急げ!急げ!」と家人に何度言おうと、
所沢の柳ジョージこと〈所ジョージ〉のTV番組観ながらいつまでもゲラゲラ。
これが後で墓穴を掘ることになろうとうは・・・残念!


 ▲車の助手席に居座っていたテントウムシ「Youは何しに我がキューブに?」

というのは出発が午後3時近くになってしまい、
パーキング休憩と渋滞にも合い「牡蠣焼き」の糸島到着が夕方6時前。
糸島の牡蠣店は、3軒程回ったが殆どが6時閉店。
結局動かぬ「牡蠣」に逃げられ、今回の福岡旅の一目的が早くも消滅。


 ▲今回お預けになった恒例の「牡蠣焼き」

行きは子供が運転、オイラは後部座席で湊かなえ「望郷」を読んでいたのだが
これがなかなか面白くてアッ!という間に車内で読破。


 ▲小説の前半と後半部分の変容が面白い「望郷」

Uターンして、21時迄営業の「マリノアシティ」に立寄り買物。
博多湾に面した施設なので、夜風が冷たく肌を刺し細身?に染みる。
点滅しながら形や色を変えて回転する観覧車が、幻想的でキレイだった。



「牡蠣焼き」で逸した晩飯は、温泉へ行く途中の「牛角 東比恵店」でゲット。
オイラはハンドルキーパーなのでノンアルコール、他はビール。
店員に「ボリュウムが少し足りないかも知れません」と言われたけど、
〈牛角プレミアムコース〉は量もたっぷりで満腹になる。
夜は温泉、空港近くの24時間営業・博多の森湯処「月の湯」。

180

翌朝は雨や雪の中、福岡空港近くから宗像へ向かう。
「ガスト」でモーニングを食べ「イオンモール福津」で時間調整、
昼1時には会場の「宗像ユリックス」に到着。
開演前の〈ロビーコンサート〉では、好きなヴィヴァルディ「四季:冬」も♪


 ▲こういう配慮も嬉しい〈ロビーコンサート〉

今回の「宗像フィル ウィンターコンサート」プログラムは、
   ・セビリアの理髪師/ロッシーニ
   ・弦楽セレナード/エルガー
   ・管楽アンサンブル
   ・交響曲第40番/モーツァルト
   ・映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」より

◎ロッシーニ:歌劇 「セビリアの理髪師」序曲


◎「パイレーツ・オブ・カリビアン」


音楽にも色んなジャンルがあり、様々なミュージシャンや傾向がある事。
クラシックへの興味は、子供を通じてより世界が拡がった気がする。  


Posted by 夜更かし中年隊 at 15:55震える一曲近況風景
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎(市)情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村にほんブログ村 オヤジ日記ブログ お茶目オヤジへ
にほんブログ村
My Yahoo!に追加
Googleに追加
Bloglinesに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
  • SEOブログパーツ
キネ旬オンライン・ショップ
< 2016年02>
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          
プロフィール
夜更かし中年隊
夜更かし中年隊
アラカン(アラウンド還暦)世代。
親父の立場や経験から、
独り言・視線・つぶやきを交えながら
世の中を笑い飛ばして行きます。
PR
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人