スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by のらんば長崎運営事務局 at

2016年08月19日

「人間」じゃなくて「野獣」?

オイラが劇画調?に「手前ら、人間じゃねぇ」とふざけて言えば、
息子は「凄い!まるで野獣の群だね」と感嘆!

何の話かと言えば、女子レスリングでの金メダルラッシュの話。
登坂絵莉選手が女子48キロ級で金メダル!
伊調馨選手が女子史上初の五輪4連覇達成!
土性沙羅選手が69キロ級で圧巻の金メダル!



▲五輪4連覇達成の58キロ級の伊調選手 出典 rio.headlines.yahoo.co.jp

◎女子レスリングで金メダルラッシュ!!
http://matome.naver.jp/odai/2147148050253537201

金メダルを期待され銀や銅メダルで終わった選手等が、
「申し訳ない」と萎縮し謝罪している光景も今回多く見られる。
素人目から見れば、五輪出場や銅メダルでも凄い事。
我々が勝手気ままに金メダルを期待しているのだから、謝罪する必要もないと思う。

それついてロンドン五輪の代表監督:篠原信一氏は、ある番組でこうコメント。
「金メダルを狙いに行っているのに、お情けをかけられたら選手はどう思うだろうか?
 私は、選手が金メダルのために4年、8年とかけて頑張っている姿を見ている。
 〈お疲れ様でした〉は言えても、どうしても〈おめでとう〉とは言えない」・・・


 ▲茶目っ気もある篠原信一氏

お疲れさまでした〉と〈おめでとう〉の間にある気持ちの確執。
特に傍で見守り指導して来た側から見れば、
「(その実力から)金メダルを期待していたのに!」という強い思いがあるのだろう。
本人も期待を受け、頂点目指して頑張って来た思いからの「申し訳ない」の言葉。

誰が正しい・間違っている・・・の問題じゃなく、応援する立ち位置の違い。
勝手な応援団としては「申し訳ない」と言われる筋合いなど、全くないのだけれど・・・
それに例えメダルに届かなくても決してお情けじゃなく、
選手達には素直に「よく頑張った!」「有難う」「お疲れさん♪」と思っている。  


Posted by 夜更かし中年隊 at 07:56人生いろいろ人物探訪
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎(市)情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村にほんブログ村 オヤジ日記ブログ お茶目オヤジへ
にほんブログ村
My Yahoo!に追加
Googleに追加
Bloglinesに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
  • SEOブログパーツ
キネ旬オンライン・ショップ
< 2016年12月 >
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
夜更かし中年隊
夜更かし中年隊
アラカン(アラウンド還暦)世代。
親父の立場や経験から、
独り言・視線・つぶやきを交えながら
世の中を笑い飛ばして行きます。
PR
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人