スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by のらんば長崎運営事務局 at

2012年12月31日

幸ちゃんの出ない紅白なんて!

今年トラブル続きで話題を呼んだ?小林幸子。
紅白落選し年末は夫婦でオーストラリアへ、とのスポーツ新聞ニュース。
幸ちゃんの豪華衣装が見られないNHK紅白歌合戦は、興味半減。


 ▲

「きゃりーぱみゅぱみゅ」の衣装が楽しみだとか、
水森かおりが小林幸子並の豪華衣装を披露とかの話題もあるが、
所詮、幸ちゃんや美川の「歌い見せる紅白」の流れを継承しているに過ぎない。

紅白は年末の一大イベント・エンターテインメント。
いろんな楽しみがあって欲しい。
感動・お涙・復活・応援・話題・お笑い・・・悲喜交々の一年の総括。
新しい演出や驚きの装置・驚嘆や見事な進行に、視聴者を唸らせて欲しい。

  


Posted by 夜更かし中年隊 at 07:54他生の縁

2012年12月30日

いつもの年末、急な旅立ち

家内は薄々知らされてた様だが、年末の明日から旅行することになった。
子供2人が考えた、南九州方面2泊3日の招待旅行。
旅館も二日分予約済みらしい。


 ▲久々の再会

昨夜は遅くまで、どんな所を観光するかの家族会議。
こういうプランニングする時が、夢が膨らみ一番楽しい♪
鹿児島へ正月に旅したのは約20数年前、JRの格安正月切符を使っての旅だった。
当時の想い出を子供達はぼんやりと記憶してるらしいが、
子供も成長し、親を引き連れて行くような世代になってくれたか・・・(T_T)

出発は大晦日31日(月)朝8時。
今回は運転手も3人いる事だしノンビリ?ドライブの旅、行動範囲も拡がる。
行き先はプランナーに一任して、オイラは後部座席で殿様気分!?

  


Posted by 夜更かし中年隊 at 10:19拡がる世界

2012年12月27日

ぼやき・ささやき・そっとつぶやき

笑いたい時の「ぼやき川柳」、ラジオ放送を聴くのはほとんど車の中。
大阪の叔母ちゃんパワー炸裂を感じさせます。

「骨にヒビ 妻の小言を 素手で受け」 静岡県 宇田さん
「大声の 妻と離れる 電車内」   広島県 村上さん



「ぼやき川柳」投稿は、おとなしい旦那連中の密かな楽しみ?

「おくつろぎ 下さいませと 放置され」 福島県 おひつじ座さん
「おしゃべりが 集まり酸素 薄くなり」 大分県 本郷さん

身近な題材にこそ、川柳の真骨頂!?
そっとのつぶやきが、にんまり笑顔を誘う。

円満は 見ざる言わざる 逆らわず (^o^;)

  


Posted by 夜更かし中年隊 at 19:48拡がる世界

2012年12月26日

早くも新年気分♪

通勤路の途中にあった、びっくり光景。
やっとクリスマス気分も終わりだなぁ…と思っていたら、もう新年?



その福袋のデカサに驚き、車から降りて写メ!
自動車メーカーだけに、やる事もデカイ!
いろんな夢や商品が袋詰めされてるんだろうなぁ♪

ユトリさえあれば、こんな大きな福袋を一度は買ってみたい。
美女・熟女付きだったりして…(^.^)

  続きを読む
タグ :福袋新年


Posted by 夜更かし中年隊 at 22:22震える風景

2012年12月25日

「十字架」を背負って生きる!?

あいつの人生が終わり、僕たちの長い旅が始まった。
「どんなふうに、きみはおとなになったんだ。教えてくれ」
あいつの自殺から二十年、僕たちを決して許さず、
ずっと遠いままだったあのひととの約束を、僕はもうすぐ果たす。
  ~本帯~

第44回 吉川英治文学賞受賞作、重松 清著「十字架」。



いじめを苦に自殺してしまった中学生と、それに関係した人達の辛い話。
特にこの物語は、自殺して時が止まった中学生ではなく、
残された者:成長していく同級生や両親・兄弟そして取材記者等の
20年にも及ぶ苦悩とこれからの人生にスポットライトが当てられてる。
一つの死を巡り、訴えかけてくるものが凄く重くて大きい。

人を責める2種類の言葉「ナイフの言葉」と「十字架の言葉」。
「ナイフの言葉」は胸に突き刺さるが、一番痛いのは刺された瞬間、
「十字架の言葉」は背負い続けないといけない言葉、だから降ろせない。

読み終わった後に、思わずスウェーデン「森の墓地」がどんな所か知りたくなります。
グレタ・ガルボも眠る森と湖に囲まれた墓地で、
1994年にはユネスコの世界遺産に登録されています。



◎「森の墓地」スウェーデン
http://www.zenyuseki.or.jp/this_and_that/world/sweden

  


Posted by 夜更かし中年隊 at 08:52震える一冊

2012年12月24日

人名ランキング2位「川上璃子」

今日の検索ランキングで人名2位の「川上璃子」って、誰だ?
全く知らない名前の調査、こんな時はネット検索がホントに便利だ。
パッと知りたい情報が手に入る。

ネットランキングの理由は、婚姻届提出発表のニュース。
浦和レッズの元日本代表MF梅崎司(25)と
モデルの川上璃子さん(30)が20日に婚姻届を届けたらしい。


 ▲結婚したモデルの川上さんと梅崎選手

梅崎選手は、何と郷土の長崎県諫早市出身。
今季はリーグ33試合に出場、5年ぶりACL出場権獲得に貢献した。
二人は共通の知人を通して知り合い、約1年間の交際期間を経てゴールイン。
生涯の伴侶を得た来季には、更に飛躍を目指すと言う。
挙式は来年1月に予定との事。

めでたいこっちゃ、郷土出身の活躍を願いたい♪

  


Posted by 夜更かし中年隊 at 16:12拡がる世界

2012年12月23日

「フライト」に乗り遅れるな!

何気なく読んでいて、その文面の構成・ユーモアに感心した
キネ旬のデンゼル・ワシントン主演作映画「フライト」が全米公開された紹介記事。


 ▲今回も注目のデンゼル・ワシントン作品、ハズレが無い

「フライト」が興行的に嬉しい誤算になりそうな好スタート。
(~作品内容の紹介~)批評家と観客の双方から好評を得て、
ワシントンの演技で各種映画賞を賑わせるだろう・・・との予想。
 (ゴールデン・グローブ賞主演男優賞ノミネートで、まずは予想達成)
評価の高い作品だけに、「フライト」が次週以降に急降下との展開は考えにくい。
一定水準のフライトが期待される。

100

作品にまつわる内容・実績・評判、そしてユーモアを交えての的確な報告記事。
こんな震える文章を、オイラも書き綴りたい。

「フライト」は「バック・トゥ・ザ・フューチャー」等の監督ロバート・ゼメキスの最新作。
高度3万フィートからの奇跡の緊急着陸に成功し、男は一夜にしてヒーローになる。
ところが、ある疑惑から血液中からアルコールが検出され、
ヒーローは一夜にして地に堕ちる。あの時、機内で何があったのか?
多くの人々の人生を巻­き込む驚愕の真相とは・・・

◎「フライト」予告編


アカデミー賞最有力候補としても話題の「フライト」は、衝撃と感動の物語。
公開はまだ少し先の2013年3月予定。
見逃すと人生にも話題にも乗り遅れ、フライト出来ませんぜ!  


Posted by 夜更かし中年隊 at 16:15震える記事

2012年12月22日

愛情いっぱい「ねぞうアート」

赤ちゃんの自由な寝相の形を活かし演出した、面白写真「ねぞうアート」。
パパ・ママの赤ちゃんへの愛情やユーモアが伝わって来て、思わずニンマリ。
ニヤニヤしながら製作している若い夫婦像さえ浮かんできます♪


 ▲赤ちゃんの虹色パンツと花が効果的♪

何でも「ねぞうアート:鉄則3カ条」というのがあって、これは厳守との事。
   1、赤ちゃんの安眠のジャマをしない!
   2、写真の世界観をハッピーに!
   3、赤ちゃんが寝返りを打ったら潔くあきらめる!
健やかな赤ちゃんの睡眠を遮っては本末転倒、絶対イケマセン!

そして、こんなコンテストも開催されています。
   ◎ねぞうアートコンテスト
   http://www1.e-hon.ne.jp/content/nezouart_happyou_2012.html

赤ちゃんの可愛い寝癖や寝相も、一生の内でほんの短時間・短期間。
いずれ「ねぞうアート:犬編」「ねぞうアート:猫編」等の、
動物編も出現するんだろうな?
今出来ることを、今のうちに!あなたもチャレンジしてみませんか?  続きを読む


Posted by 夜更かし中年隊 at 17:50ジョーク

2012年12月21日

大いに思い出を語ろう♪

あたしの心臓あげる~ あなたの心臓ちょうだ~い♪

何とも刺激的な歌詞の歌が、ラヂオから流れる。
フッ!と昔の「骨まで愛して」の城卓矢の歌を思い出す。

いかに聞く人にインパクトを残すか?は、マスコミの常套手段。
歌の内容はよく聞いてなかったが、きっとラブ・ソングなんだろう。
その意味では、人の心を掴むという第一段階は成功♪
後はいかにその中身を浸透させ、歌い上げていくかだ。


 ▲ときめき心電図

昨夜は友人と二人、居酒屋でじっくり今年一年のご苦労様会。
相方は今年、何と二人もの身内を亡くしている。
その心労たるや大変な事なのだろうが、こうして付き合ってくれる。
いろんな話を聞き、思い出を語り、些細な日々の事などを語り合う。
悲しみは決して消し去る事は出来ないが、
いつかは立ち直り日常に戻らなければならない。

人が亡くなる・・・という意味は二通りあるという。
一度目は埋葬されこの世から消える時、二度目が人々の記憶から消え去る時。

亡骸は骨になっても、思い出は記憶の中ではいつまでも生きている。
折に触れ故人の思い出を語ることは供養にもなり、
悲しみも次第に浄化されていくのかも知れない。  


Posted by 夜更かし中年隊 at 23:10他生の縁

2012年12月20日

ときめきは遠い日の花火

これまたNN新聞連載、「ときめく心・中学生の相聞歌」が面白い。
以前にも取り上げたが、今回のテーマは「恋心」。

「アノヒトガ シアワセダッタラ ソレデイイ」
私はそんな お人よしじゃない
   ~中3・女子~



みんなそうだよ、2面3面位の顔は持ってるはず。
恋する乙女に、不埒で無骨な男心。

君のこと 後ろの席で 見つめてる 振り向く君に 目をそらす僕
   ~中3・男子~

男と女、すれ違いも多いから意気投合すれば天にも昇る?
自分の人生は他人の人生より、厳しいものに思えるもの。
みんな悩んで大きい大人になっていく。

  


Posted by 夜更かし中年隊 at 01:19震える記事

2012年12月19日

「あもん」痛快漫画で一笑い

今日のNN新聞「おーい栗之助」の連載漫画。
してやったり!の感があって、ちょっと痛快気分♪

姑:「大根洗っといてくれるかい?」
嫁:「りょ」
姑:「何?りょって」
嫁:「了解の略。略語、はやってるの」
姑:「あも~ん」
嫁:「何?!」
姑:「きれてのが言えの略」
嫁:「・・・」



嫁と姑の掛け合い、一枚上手の姑と言葉が返せない嫁の表情がナイス♪
こんなトンチの効いた元気なお姑さんは、応援したくなる。
お嫁さんも大変だけどいずれ辿る道、今の内よく学んでおくべきかも?

  


Posted by 夜更かし中年隊 at 22:44笑って眠れ

2012年12月18日

これは見逃せないぞ!「つやのよる」

「今度は愛妻家」でも夫婦愛を鮮烈に映像化した行定勲監督が、
大人の恋愛を描き続ける直木賞作家:井上荒野の小説を映画化した「つやのよる」。



「謎の女〈艶〉に翻弄される男と女たちの、センセーショナルな愛の物語」
「わたしたちも知らなかった、男も女も生き方が変わる愛が存在することを」
「目の前に見えているはずの〈大切な人〉が知らない顔を見せた時、
 人は愛を確かめ、見つめなおす・・・」

◎映画『つやのよる ある愛に関わった、女たちの物語』予告編


愛に全てをささげる主人公を演じるのは、「テルマエ・ロマエ」の阿部寛。
女優共演陣が豪華で凄く、小泉今日子・野波麻帆・風吹ジュン­・真木よう子・大竹しのぶ 等。

愛という波紋が巻き起こす狂おしい男女のドラマが、刺激的に繰り広げられる?

  


Posted by 夜更かし中年隊 at 00:14震える~シネマ

2012年12月17日

滝の出現で急降下?変貌する世界

同じように見える朝も、世界は僅かずつでも変化し回っている。


 ▲今朝の時津シーサイドパークからの大村湾

党の自滅を予期する様な内部分裂とマニフェスト無視の数々・・・
迷走続きだった民主党政権の崩壊を招いた今回の衆院選。

決して自民の政策方針に賛同したり風が吹いていた訳でもなかったのに、
結果的に政党逆転を招いてしまった。
単に民主党への失望と揺り戻しの結果で、野党が再浮上しただけの事。
自民党が勝ったんじゃなく、民主党が負けただけの話。

時代の変化は世の常。
温故知新で新しい衣を少しずつまとい、脱皮しながら進むしかない。

100

「本当に大切なものは、目には見えない」 ~星の王子さま~

  


Posted by 夜更かし中年隊 at 22:26風景

2012年12月16日

活ゼツ爽やか超熟女

90歳になっても笑いの聖地東京浅草を中心に、
今もTVで頑張っている現役ピン芸人・内海桂子さん、超熟女!?
元気な叔父さん・叔母さんは昔から好きで?応援したくなる。


 ▲いつまでも頑張れ!内海桂子師匠

1922年9月12日、千葉県銚子市生まれ。
1950年(オイラが生まれる前!)に内海好江と音曲漫才コンビ結成。
1997年相方の好江が病死後はピン芸人で活躍。
芸歴74年を迎え漫才協団会長、最古参の現役ピン芸人。
ウッチャンナンチャン・笑組・ナイツ等の師匠でもある。

浅草の舞台で、仲の良い夫婦が客席にいれば「見せつけるんじゃないわよ!」
「芸に必要なのは、喋りに対する色気。喋りには色・味がないとね」
「私を見て元気になるなら、何でも持ってけ」・・・


 ▲懐かしい桂子・好江コンビ

粋な髪形は今でも自分で結い、一人で着付けもする。
公式HPやブログ・ツイッターを立ち上げ更新も。

◎内海桂子公式サイト
http://www.maseki.co.jp/talent/utsumikeiko

パワフルでチャレンジ精神旺盛な処が、長い現役芸人たる由縁かな?

  


Posted by 夜更かし中年隊 at 09:37震える芸人

2012年12月15日

サウナ好きは熟睡派

「汗をたくさんかく程、健康にはいい。
 それは、汗が体内の老廃物を流してくれるから」

サウナ好きで、温泉に行ってもサウナ設置の所でないと興味がない。
高温のサウナ室で痩せる為?あの快感の為?ジッとやせ我慢して汗をかいた後、
冷たい水風呂に浸かって身体や精神がリフレッシュする感覚が堪らない。
たまに気が遠くなって「このままだと失神するかも・・・」と、意識しながら浮遊する。
汗水たらたらのさっき迄の高温世界との落差感に、身を沈める至福・・・



ネットで「サウナはどうしてヤケドしないの?」の記事発見。
90度以上のサウナ室でも、湿度や乾燥比率の違いからヤケドしないこと、
冷水浴も自律神経系の働きを高める効果があるらしい。

◎サウナはどうしてヤケドしないの?
http://r25.yahoo.co.jp/fushigi/wxr_detail/?id=20121208-00026033-r25

利用する時は、サウナ室と冷水浴を3~5回は往復する。
あまり時間掛けると、身体に負担が掛かるというが、
その負担で疲れポカポカ温まった身体で寝ると、爆睡出来るのも事実。

常に危険は、至福と隣あわせにある!?

  


Posted by 夜更かし中年隊 at 14:22なるほど~

2012年12月14日

ぼやきも暢気も一緒くた

ホットしたい時の「ぼやき川柳」。
日常の可笑しさ・気持ちのすれ違いを笑い飛ばす、庶民の巧みな智恵。

「遠い過去 ほじくる妻の 考古学」     甲斐さん ※よく昔の事を覚えてやがる・・・
「すきま風 孫が時々 埋めにくる」     中井さん ※気分転換が大事なんですな
「パックした 妻に負けてる 口げんか」  イーストウッドさん ※ますます怖くなる顔
「友達の 補充をするため 行く病院」   甲斐さん ※そんなメリットがあったのか!?
「もう少し 美人だったら 他人(ひと)の妻」 宮川さん ※それはお互い様でヤンス

川柳の題材は、視線を変えればいくらでも転がっている。
先日訪れた図書館では、男子トイレにこんな張り紙が。

「急ぐとも 心静かに手を添えて 外にこぼすな 松茸のツユ」 ~詠み人知らず~


 ▲こんなトイレじゃ落ち着いてできない・・・

これは川柳とは少しかけ離れているが、
大人のジョークに交えてエチケットを促すセンスが笑いを誘う。
「松茸のツユ」辺りに、郷愁さえ感じます・・・ってのは、オイラだけか?

  


Posted by 夜更かし中年隊 at 00:40震えて眠れ

2012年12月13日

偶然の出会いと一期一会

今朝は4時半起床。
昨夜は晩飯喰った後、風呂にも入らず布団の中でただただ爆睡。
平均歩数の17,000歩なのに、疲れてるのかな?
右足の薬指も腫れている。

今月からパトロールする地域も相方も変わり、今回もなかなかいい感じ♪
毎日回る金融関係、昨日は珍しく某銀行の支店長がわざわざ席から立たれて来て、
「お疲れさまです。有難うございます」の労いの言葉と世間話。
ずっと同地域を巡回している相方によれば、今までに無かった事らしい。
いよいよパトロール隊も認識され始めたか?



「ご苦労様です。毎日大変ですね」と、
たまたま信号待ちで一緒になった病院勤めの叔母さん。
灯油を軽トラで配送してる叔父さんからは、
「寒いのに大変ですね。カッコいいですよ!」と制服?を初めて誉められる。
でもこの制服、着脱が面倒臭く目立ち過ぎなんだよなぁ。
防犯や安全確保の為にパトロールしてるんだから、
目立ってなんぼの仕事と解っちゃいるけどね・・・

地域にある小・中学校の通学路警戒も行っている。
「さいなら~」と横断歩道を元気に駆け出す子もいれば、
「さようなら」とペコリ!とお辞儀して帰る小学生。
挨拶しても、下を向いて黙って帰っていく小学生。
我々に出会うと必ず絡んできて、10分位話して帰る小学生2年の女の子もいる。

みんな「♪世界にひとつだけの花」、元気に育って欲しい。

  


Posted by 夜更かし中年隊 at 06:41人生いろいろ

2012年12月12日

「古賀人形」は日本三大土人形!

長崎の人なら、とんかつ浜勝のメニューなどで馴染みのある「古賀人形」。
これが〈日本の三大土人形〉の一つである事は初めて知った。
三大とは、京都の伏見人形・仙台の堤に人形・長崎の古賀人形。

古賀人形は江戸時代から続く約400年の伝統をもつ伝統工芸品で、
大村藩士小川小三郎がつくり始めた郷土玩具人形。
クチナシやスオウなどの植物性染料を使用し。
西洋夫人や中国人をあしらいにわとりを抱えた「阿茶さん」や
他に「狆(ちん:小形の愛玩犬)」「黒猫」などもある。


 ▲古賀人形の「阿茶さん」

長崎らしく異国情緒も豊かな風情のある民芸品なので、
観賞用だけでなくお土産にも是非。

  


Posted by 夜更かし中年隊 at 06:41なるほど~

2012年12月11日

これで明るい未来は描けるか?

小さな身近な夢から壮大な願望まで、
紙面は未来を語る人達の笑顔や夢が眩しい。
新聞掲載の「私も、未来も、これからだから。」のAC広告。

「宇宙旅行に行けるまで働く」
「親や兄弟と温泉旅行に行きたい」
「絶滅しそうなオランウータンの保護を手伝いたい」
「久し振りに小学校の同窓会をしてみたい。初恋の人に会いたい」
「妻にありがとうを言うのを忘れない」・・・


 ▲「私も、未来も、これからだから」???

「今の自分より、少し前へ。それだけで、きっと明るくなると思う」
民間の広告ネットワーク「AC広告」。

でも、この広告の意味って何だ?
夢や未来を語らせ、公共広告のACが何をしているというのだろう?
夢を持つことの大切さは、言われなくても解る。
でも広い広告スペースや高い広告料を払い手間隙を掛けて、
この広告を掲出しているその意味が解らない。
民間の広告ネットワークなら、テーマは何か?何をやってるか?
民間にもっと解り易くするべきでは?

100

◎今日のなるほど
「文化に造詣のない者は、一流と言えない。」

  


Posted by 夜更かし中年隊 at 06:32震える新聞記事

2012年12月10日

聴かせる~!秋元順子「24時の孤独」

ラヂオから流れるしっとりとした大人の歌に、思わず聴き入った。
名曲「愛のままで」で大ヒットを飛ばし知名度を上げた、
秋元順子のバラード「24時の孤独」。


 ▲歌の上手さと歌い上げる歌唱力は折紙付き!

   ♪こわいものなど  一つだけなの
    それは あなたの優しさよ・・・

何か昔、同じ様な事を言われた記憶があるなぁ(^_^;
そんなに優しくもないのに・・・

◎「24時の孤独」秋元順子


聞き辛い早口の歌や五月蝿い歌は、若い者に任せていればいい。
秋元順子・高橋真梨子・新沼謙二など熟練歌手の聞かせる歌が
もっとヒットする様になれば、歌謡界ももっと面白くなるのになぁ。

  


Posted by 夜更かし中年隊 at 05:43震える一曲
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎(市)情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村にほんブログ村 オヤジ日記ブログ お茶目オヤジへ
にほんブログ村
My Yahoo!に追加
Googleに追加
Bloglinesに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
  • SEOブログパーツ
キネ旬オンライン・ショップ
< 2012年12>
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
プロフィール
夜更かし中年隊
夜更かし中年隊
アラカン(アラウンド還暦)世代。
親父の立場や経験から、
独り言・視線・つぶやきを交えながら
世の中を笑い飛ばして行きます。
PR
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人