スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by のらんば長崎運営事務局 at

2014年10月02日

今日から、そして来年まで

「今日まで そして明日から」はタクロウの歌だけど、
今日2日から来年まで西日本新聞で、白石一文の連載小説「記憶の渚にて」がスタート!


 ▲数日前に掲載された、次の連載小説の案内記事

「最近、男女のことに関心を持てなくなってしまった。
 いま一番関心ががあるのは〈記憶〉。」
男女間の切ない成り行きが面白かった白石文学が、果たしてどう変化したのか?

そして、連載を前に「10年越しのテーマに挑む」の記事も寄稿。


 ▲襟を正した正装の作者

白石 一文氏は、1958年福岡生まれの56歳。
文藝春秋に勤務後、パニック障害を経験し「一瞬の光」でデビュー。
「この胸に深々と突き刺さる矢を抜け」で山本周五郎賞。
「ほかならぬ人へ」で直木賞受賞は、父白石一郎氏と親子二代での授賞。
今、乗りまくっている作家の一人だろう。

構想10年に亘る〈未来の記憶〉のテーマに不可解さは残るけど、
完結までの一年間しっかり頑張っておくれやす。
新聞読むのが、増々楽しみになってきた♪


  


Posted by 夜更かし中年隊 at 10:04震える新聞記事
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎(市)情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村にほんブログ村 オヤジ日記ブログ お茶目オヤジへ
にほんブログ村
My Yahoo!に追加
Googleに追加
Bloglinesに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
  • SEOブログパーツ
キネ旬オンライン・ショップ
< 2014年10>
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
プロフィール
夜更かし中年隊
夜更かし中年隊
アラカン(アラウンド還暦)世代。
親父の立場や経験から、
独り言・視線・つぶやきを交えながら
世の中を笑い飛ばして行きます。
PR
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人