スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by のらんば長崎運営事務局 at

2014年10月05日

「寄居虫女」は〈イヤミス〉だ?

今話題の櫛木 理宇(りう)著「寄居虫女」は、タイトルさえ読めずにいた。
「寄居虫女」と書いて〈やどかりおんな〉、「寄居虫」の季語は〈春〉。

それに〈イヤミス〉とは何のことだ?と問えば、
「後味が悪い」「イヤな気分になる」ミステリー作品を指す言葉なんだと!
   (※嫌味なミス〈女性〉じゃなかったことに、何故かホッ!)
そんなジャンルの小説が、最近は確かに多い。



「〈イヤミス〉の女王」と賞賛?されている湊かなえの「贖罪」「告白」。
沼田まほかる(名前も凄い!)の「九月が永遠に続けば」「ユリゴコロ」。
真梨幸子の「殺人鬼フジコの衝動」「みんな邪魔」。
直木賞作家:道尾秀介の「向日葵の咲かない夏」・・・

「告白」にしろ「九月が永遠に続けば」にしろ、
現実ありそうでゾクゾクする程怖いが、読み進まずにいられない面白さ。
そして何処かで「お金まで出して、何でこんな嫌な思いをするんだ?」という後悔。


 ▲本屋大賞受賞時の〈イヤミス〉の女王:湊かなえさん

目を背けたくなる「人間の暗部」「心の小悪さ」「負の部分」を暴いてみせる〈イヤミス〉。
後味悪いけどクセになり、作者のツボに嵌ってしまう小説。
それは最後まで読ませる程、作家に筆力があるからなのだろう。

そんな小説や映画、オイラ夜中には絶体観たり読んだり出来ませんface07  


Posted by 夜更かし中年隊 at 08:39震える言葉
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎(市)情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村にほんブログ村 オヤジ日記ブログ お茶目オヤジへ
にほんブログ村
My Yahoo!に追加
Googleに追加
Bloglinesに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
  • SEOブログパーツ
キネ旬オンライン・ショップ
< 2014年10>
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
プロフィール
夜更かし中年隊
夜更かし中年隊
アラカン(アラウンド還暦)世代。
親父の立場や経験から、
独り言・視線・つぶやきを交えながら
世の中を笑い飛ばして行きます。
PR
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人