スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by のらんば長崎運営事務局 at

2013年05月12日

文化の香りか恋愛ゲームか?「ジェイン・オースティンの読書会」

少し前のDVDを引っ張り出して、
全米ベストセラーの映画化「ジェイン・オースティンの読書会」鑑賞。

〈オースティン〉の本を読んで感想や生き方等を語り合う「読書会」をモチーフに、
個性豊かな参加者たちの人間模様を綴ったヒューマン・ドラマ。
「若草物語」「SAYURI」等の脚本家、ロビン・スウィコード初監督作。



「ジェイン・オースティン」は1775年12月16日イギリス生まれの小説家。
18世紀頃のイングランド中流社会を舞台に、
女性の私生活を皮肉と愛情を込めて赤裸々に描き、
近代イギリス長編小説の頂点とされている女流作家。

「高慢と偏見」「プライドと偏見」「エマ」など何度も映画化された作品も多いし、
アン・リー監督の「いつか晴れた日に」(1995)は「分別と多感」を映画化したもの。
これでエマ・トンプソンがアカデミー脚色賞を受賞。
2007年にはアン・ハサウェイ、ジェームズ・マカヴォイ主演で、
オースティンの若き日を描く「ジェイン・オースティン 秘められた恋」も公開された。


 ▲ジェイン・オースティン 女流作家ならではの世界

「オースティンは人生最高の解毒剤」
「オースティンは読む人をその気にさせる」
「オースティンは地雷原!」・・・
本から感じらるのは、参加者たちの悲喜交々の人生模様。

好きな作家・作品を仲間と一緒に集まり、解釈や人物などを話し合う「読書会」。
「ジェイン・オースティンの読書会」では、
年齢や価値観が違う様々な人物たちの抱える悩みや環境が、
オースティンのいろんな小説に絡めながら、語られ描かれるところが面白い。
ちょっと出来過ぎのラストシーンではあるが、所詮映画や物語。
慈しみの大きな心で、大人向けの洒落たコメディを楽しもう。

本だけでなく映画や鉄道・スポーツ・アニメ・・・など、
好きなことは大いに語り合い披露しあって人生を分かち合おう。
ちなみにオイラ、オースティンの映画は数本見てるが本は未読でヤンスface07


  


Posted by 夜更かし中年隊 at 11:23拡がる世界
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎(市)情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村にほんブログ村 オヤジ日記ブログ お茶目オヤジへ
にほんブログ村
My Yahoo!に追加
Googleに追加
Bloglinesに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
  • SEOブログパーツ
キネ旬オンライン・ショップ
< 2013年05>
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
プロフィール
夜更かし中年隊
夜更かし中年隊
アラカン(アラウンド還暦)世代。
親父の立場や経験から、
独り言・視線・つぶやきを交えながら
世の中を笑い飛ばして行きます。
PR
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人