2012年12月21日

大いに思い出を語ろう♪

あたしの心臓あげる~ あなたの心臓ちょうだ~い♪

何とも刺激的な歌詞の歌が、ラヂオから流れる。
フッ!と昔の「骨まで愛して」の城卓矢の歌を思い出す。

いかに聞く人にインパクトを残すか?は、マスコミの常套手段。
歌の内容はよく聞いてなかったが、きっとラブ・ソングなんだろう。
その意味では、人の心を掴むという第一段階は成功♪
後はいかにその中身を浸透させ、歌い上げていくかだ。


 ▲ときめき心電図

昨夜は友人と二人、居酒屋でじっくり今年一年のご苦労様会。
相方は今年、何と二人もの身内を亡くしている。
その心労たるや大変な事なのだろうが、こうして付き合ってくれる。
いろんな話を聞き、思い出を語り、些細な日々の事などを語り合う。
悲しみは決して消し去る事は出来ないが、
いつかは立ち直り日常に戻らなければならない。

人が亡くなる・・・という意味は二通りあるという。
一度目は埋葬されこの世から消える時、二度目が人々の記憶から消え去る時。

亡骸は骨になっても、思い出は記憶の中ではいつまでも生きている。
折に触れ故人の思い出を語ることは供養にもなり、
悲しみも次第に浄化されていくのかも知れない。




Posted by 夜更かし中年隊 at 23:10 │他生の縁

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎(市)情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村にほんブログ村 オヤジ日記ブログ お茶目オヤジへ
にほんブログ村
My Yahoo!に追加
Googleに追加
Bloglinesに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
  • SEOブログパーツ
キネ旬オンライン・ショップ
< 2018年10月 >
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
プロフィール
夜更かし中年隊
夜更かし中年隊
アラカン(アラウンド還暦)世代。
親父の立場や経験から、
独り言・視線・つぶやきを交えながら
世の中を笑い飛ばして行きます。
PR
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人