スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by のらんば長崎運営事務局 at

2012年12月09日

車にもあれば本の世界にも♪

自動車業界には例年「カー・オブ・ザ・イヤー」が発表されてるが、
特集やお祭り・イベントが好きな業界♪だけに、
ベストテン選びは雑誌や書籍・映画の世界にもあります。
ダ・ヴィンチ電子ナビ12月5日発表の恒例「Book of the Year 2012」。

【小説ランキング部門】
  1位:『空飛ぶ広報室』(有川 浩/幻冬舎)
  2位:『三匹のおっさん ふたたび』(有川 浩/文藝春秋)
  3位:『ナミヤ雑貨店の奇蹟』(東野圭吾/角川書店)
  4位:『ビブリア古書堂の事件手帖3 栞子さんと消えない絆』
     (三上 延/メディアワークス文庫)
 5位:『楽園のカンヴァス』(原田マハ/新潮社)


 ▲やたら人気の有川 浩さん作品
 
何か昔お奨め本として取り上げた本ばかりで、意外性や面白みがないなぁ。
予想通りの展開ってのは映画でも小説でも、一種期待を裏切るもの。
上手に裏切られた期待感こそ、次へのチャレンジになり興味も引っ張れるのに!
何かと元気な有川 浩さんのベストセラー「県庁おもてなし課」は来年に映画も公開。
またまた人気を呼びそうです。

◎本のソムリエ・書店員「オススメ本」
  http://ddnavi.com/news/61537/
意外とこちらに、思い掛けない本との出会いが待ってたりして・・・

100

◎今日のなるほど
「私が人生を知ったのは人と接したからではなく、本を読んだから」
   ~ベルナール(仏)~

  


Posted by 夜更かし中年隊 at 08:52震える記事

2012年12月08日

森光子・勘三郎、涙を誘った2ショット

昨日7日に女優・森光子さんの本葬が執り行われた。
その中で涙を誘ったのが、中村勘三郎さんとの貴重な2ショット!
2007年9月の古い記事だが、こんなシーンが実現してたんですね。


 ▲舞台「寝坊な豆腐屋」では母と息子役

勘三郎さんの求心力やパワーの源は、好奇心と行動力。
運や会話も大事とか・・・確かに!

◎森光子・勘三郎 『寝坊な豆腐屋』稽古場レポート
http://www.kabuki-bito.jp/news/2007/09/__photo_47.html

世代はかなり違うのに奇しくも今年二人とも鬼籍入り。
何処まで二人仲が良いのやら・・・
向こうの世界で、再会を喜んでるのかな?

  


Posted by 夜更かし中年隊 at 07:32震える記事

2012年12月07日

乱立・乱戦・乱打戦

いよいよ始まった衆院選選挙活動。
公示一週間前に立ち上がったばかりの党もあれば、
不手際で一度は引っ込んだ過去の党首が、再登場の党もある。
原発・消費税・TPP・・・と問題山積みで、そうそう驚いてばかりは居られない!

NN新聞「ひょうたんなまず」から。

「半分も知らん」
  紅白出場歌手名 ~おやじ族~
  衆院選の政党名 ~若者たち~



何でも有りの政治の世界と、新しいスターが次々誕生する芸能界。
たまたま重なった年末の2大行事、あなたはどっち派?

100

◎今日の格言
「歳月は事件を風化させるが、一方甦らせたりもする」  


Posted by 夜更かし中年隊 at 07:02ジョーク

2012年12月06日

寒い日なんでホットタイム♪

ブログを書き始めると簡単に終わらない題材が多いので、
ちょういと時間がない今日は、久々ラヂオ土曜ホットタイム〈ぼやき川柳〉から。


 ▲ちょいと宣伝

お題は「少し」。

「もう少し 美人だったら 他人(ひと)の妻」 宮川さん   ※ないものねだりだろ?
「少しずつ ためたポイント 店が無い」    佐々木さん ※こういう事、よくあります
「クラス会 少し安心 して帰り」        林田さん  ※そうなんだ・・・

最後の句で「それは、あまりないいなぁ~」と言った処、少し揉めた。
「だから、あなたは感性が鈍いのよ!」 ※悪かったな!
「他人と比較して安心してどうなる?」・・・

まぁ感性が違うから、世の中それなりに面白いんだろう。
でも、何も怒ったように言う事でもあるまい。  


Posted by 夜更かし中年隊 at 06:10笑って眠れ

2012年12月05日

「やっとかめ」の再会

先日、英語カレンダーで〈in ages:長い間、久し振り〉の言い回しを覚え、
今日はラヂオで、方言「やっとかめ」の話題。


 ▲こうして会うのも「やっとかめ」

「やっとかめ」とは名古屋弁で、「久し振り」の意味。
八(や)十日(とうか)目~やつとおかめ~やっとかめ・・・と変遷したらしい。
〈in ages〉は〈for a long time〉と同じ意味を持ち、名古屋弁で「やっとかめ」=久し振り。

仕事帰りに映画に行くのも「やっとかめ」。
こんなに頭を使って覚え込むのも、「やっとかめ」。
夜更かしして、ブログ書くのも「やっとかめ」・・・

  


Posted by 夜更かし中年隊 at 01:03震える言葉

2012年12月04日

赤い顔に「あおいくま」の教え

人生訓にも多々あって「仕事十訓」や「リーダー十訓」、
結婚式では定番の大切にすべき「3つの袋」の話等もある。

物真似四天王の一人〈コロッケ〉が、親から伝授されてる言葉が「あおいくま」。
その「あおいくま」の意味とは?


 ▲頂点へ辿るには、人に言えない苦労も・・・

「あ」あせるな!
「お」怒るな!
「い」威張るな!
「く」腐るな!
「ま」負けるな!

これ等を忠実に守る事は中々難しいが、
忘れない様にする事で、くじけそうな心の支えになる事はある。

道は外れてないか?
このまま、突き進んでていいのか?
自分が求めているものは、この先にあるか?・・・
飲んだくれの赤い顔をしている時が多いが、
時には立ち止まり、初心に帰って気持ちを入れ換えるのも気分転換!?

  


Posted by 夜更かし中年隊 at 06:16震える言葉

2012年12月03日

「横道世之介」にホンワカ~♪

アッと言う間に読了した、吉田修一著「横道世之介」。
誰の人生にも温かな光を灯す、青春小説の金字塔♪

「ああ、この海の向こうには困ってる人がたくさんいらっしゃるんだわ」
※もっと傍にもいるんだよ。目を開きなよ!
「何か機嫌悪いな。欲求不満じゃないの?」
※いつもそうだけど、何か?
「こんな風景、金曜ロードショーのオープニングしか見た事がない」
※懐かしいなぁ、映画のTV放映が待ち遠しかった時代。
「大切に育てるということは、大切なものを与える事ではなく、
その大切なものを失った時にどうやってそれを乗り越えるのか?
その強さを教える事なのではないか」・・・



突っ込み処も可笑しなシーンも、全てが愛おしい。
とんちんかんな台詞や思わぬ視点・膝を打つ名言等も散りばめ、
いつまでも世之介ワールドに浸っていたいと思わせる。
えっ、こんな終わり方?のエンディングには???ですが。

本屋大賞や柴田錬三郎賞受賞の、ホンワカする小説。
来年2月には高良健吾・吉高由里子共演で、映画も公開される話題作。
寒~いこの季節に、世之介に会えば気持ちが暖まる♪
  


Posted by 夜更かし中年隊 at 20:07拡がる世界

2012年12月02日

黒子にホクロに黒衣

真のリーダーなら、自ら統制せずとも志や期待感から人は寄ってくる。
今ある状況こそが、これまでやってきた事の結果・・・という見方もある。


 ▲七転八起が人生か

NN新聞「ひょうたんなまず」から。

「新党に衣替え」
   黒い衣に着替えて、
   黒子に徹するというわけですか? ~有権者~
小沢 一郎 どの

衆院選に向けての党・派閥の乱立には、日本の政界事情がクッキリ。
時代は、有権者は、何を求めているのか?
それも知らずして、政権は握れない。

  

Posted by 夜更かし中年隊 at 09:38人の振り見て

2012年12月01日

「ケンタとジュンとカヨちゃんの国」の旬な若手

「こいつら、かわいいだろ?でも行くとこ、何処にもないんだ」
「行くとこも帰るとこもないんだよ」

話は結構陰湿で暗いが、何故か心に残る映画に出会った。
「自分の居場所は何処なのか?」を求め、旅を続ける若者達の姿。
親もいないし行き場所もない青春ロードムービー「ケンタとジュンとカヨちゃんの国」。



監督は「ゲルマニウムの夜」でデビューを飾った大森立嗣(たつし)。
大森南朋の兄で、「海炭市叙景」等で役者としても活躍している。


 ▲多彩な才能を感じさせる大森立嗣監督

気迫あふれる演技力を披露する3人の若者を、
映画界の次世代を担う松田翔太・高良健吾・安藤サクラが演じる。



松田翔太は後半になる程、父・松田優作に似た凄みのある演技の片鱗を披露。
作品毎に多面的な奥深さを感じさせる高良健吾。
安藤サクラは、今村昌平の映画を髣髴とさせる逞しい女性像を演じ切る。

エンディングテーマが、昔よく聞いていた「私たちの望むものは」。
   ♪私たちの望むものは~ 生きる苦しみではなく~
    私たちの望むものは~ 生きる喜びなのだ~
この曲、元歌は誰が歌っていたでしょうか?(ヒント:フォークの神様?)

若い世代が抱える不安や憤り・理不尽さ・・・
踏まれても捨てられても立ち上がる若さと生命力。
それ等を、きらめく個性と輝きで生々しく体現した心震える傑作!
☆☆☆☆ 見て損はない!お奨め作品です。

  


Posted by 夜更かし中年隊 at 08:34震える~シネマ
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎(市)情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村にほんブログ村 オヤジ日記ブログ お茶目オヤジへ
にほんブログ村
My Yahoo!に追加
Googleに追加
Bloglinesに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
  • SEOブログパーツ
キネ旬オンライン・ショップ
< 2012年12>
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
プロフィール
夜更かし中年隊
夜更かし中年隊
アラカン(アラウンド還暦)世代。
親父の立場や経験から、
独り言・視線・つぶやきを交えながら
世の中を笑い飛ばして行きます。
PR
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人