スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by のらんば長崎運営事務局 at

2014年01月05日

早春に映画「晩秋」を観る

結構好きな映画「晩秋」(1989年)、もう何度目の鑑賞になるのかな?

年老いた両親の姿を通し家族の絆を見つめ直す、感動的なヒューマン・ドラマ。
製作総指揮にスピルバーグファミリーが絡んでいて、
家族向き作品だが決して甘い作品ではなく、大人が味わうべき良心作。
ゲイリー・デヴィッド・ゴールドバーグ監督。
ジャック・レモン、テッド・ダンソン、オリンピア・デュカキス他の共演。



映画コピーが的確で、解りやすくていい♪
  祖父・父・息子
  しのび寄る別れの予感に、それぞれの思いが優しく切ない・・・


67才で78才の老け役を演じたレモンの演技力が胸を打ち、ホント泣かせる。
老後はどうあるべきか?家族としてどう迎えるべきか?
介護を通じて微妙に変化していく家族の絆。
この映画の息子は、「老後を看取るのは子供の責任」と言い放ち立派!(過ぎる?)
レモン&デュカキス老夫婦の、微妙に変化していく関係性の危うさ。
ジェイク~ジョン~ビリー親子三代の、ある意味理想的な心の交流も素晴らしい。


 ▲理想的な親子三代に見えるが・・・

一度はもうダメか?という親父が奇跡的に回復。
医師が言う、「あなたの愛が、お父さんを連れ戻した」。

「親父は何処?」「棒高跳びでもやってんじゃない?」
深刻になりがちな話を、ユーモアやお笑いを交えて展開させる手腕も見事。

ジャック・レモンが息子に言う最期の言葉。
「いろいろあったが、お前を見ているとこれで良かったと思ってる」

人生を肯定的に見ることで、安らぎが得られることもある。


  


Posted by 夜更かし中年隊 at 12:23震える~シネマ
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎(市)情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村にほんブログ村 オヤジ日記ブログ お茶目オヤジへ
にほんブログ村
My Yahoo!に追加
Googleに追加
Bloglinesに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
  • SEOブログパーツ
キネ旬オンライン・ショップ
< 2014年01>
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
プロフィール
夜更かし中年隊
夜更かし中年隊
アラカン(アラウンド還暦)世代。
親父の立場や経験から、
独り言・視線・つぶやきを交えながら
世の中を笑い飛ばして行きます。
PR
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人