スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by のらんば長崎運営事務局 at

2013年12月08日

眠っちゃいないぜ!

オネムのショット!と思いきや、頭上をよ~く見ると・・・



ネットで発見したので、ブログ購読者にシェア。
しかし手間暇掛けて、よくやるなぁ。

  


Posted by 夜更かし中年隊 at 03:29拡がる世界

2013年12月06日

久々填ったTVドラマ「鈴木先生」

以前TV放映の時、チラッ!と見たことのあった「鈴木先生」。
その全10話シリーズをネット発見、一気に鑑賞した。



長谷川博己扮する一見カッコイイ鈴木先生の教育者としての理念や建前、
それに相反する男としての淫らな?欲望・妄想。
先生や生徒たちの個性的キャラと現代が抱えている教育問題の数々・・・
様々なモノが化学反応を起こし際立った魅力を放つ、社会派学園ドラマ。

それに美女が多数出演してるのも超嬉しい♪
中でも魅力的なのが女生徒役で出演の
小川蘇美役〈土屋太鳳(たお)〉と中村加奈役の〈未来穂香(みきほのか)〉。
   ※女優の名前も、読んで覚えるのが一苦労face07


 ▲左が土屋太鳳、右が未来穂香

こんな美少女達を鑑賞出来るだけでも、「鈴木先生」は見る価値有り!
オイラ、こんなロリコンだったっけ?
YouTubeの制作発表記者会見シーンをUP.

◎TVドラマ「鈴木先生」記者会見


何でもTV界で、ギャラクシー賞テレビ部門優秀賞、
日本民間放送連盟賞 テレビドラマ番組部門最優秀賞、
放送文化基金賞 テレビドラマ番組賞、
・・・等を受賞した名作らしい、成程見応え有る筈だ。

後は、レンタルで映画版「鈴木先生」拝見しないとね。

◎映画「 鈴木先生」予告編

 ▲小川蘇美危うし!?

ドラマは確かに見始めると追っ掛けたくなる。
それにしても最近の若手俳優陣、演技が上手い。

  


Posted by 夜更かし中年隊 at 16:17震える~シネマ

2013年12月05日

「ななつ星」から拡がる世界

話題もいくらか納まった感がある〈ななつ星〉。
その電車をデザインされた水戸岡鋭治さん著「電車をデザインする仕事」。
次々と話題のデザインを生み出す秘訣が、この本で解明される!?



本の新聞広告で紹介されてるその秘訣項目に、納得させられるモノがある。

◎大人がするべき最大の仕事は、子供に感動を与えること
◎理想が成長を生み、楽しさを生む
◎車両はひとつの街並みである
◎アイデアというものは、自分自身の歴史がつくる
◎人は環境によって育っていく
◎不都合を受け入れれば受け入れるほど、能力が伸びていく
◎仕事の質が上がれば上がるほど、一般常識が必要になる・・・



こうして表記し羅列されると、
何だか当たり前の項目ばかりが並んでるようにも思う。
要はそのことに気付くかどうか?だと思う。

仕事の関係から〈デザイン〉は最も身近なモノとして捉えてきた。
一日の予定を立てるのも、ある種のデザイン。
着て行く服もデザインなら、どういう生活を重視するかもデザイン。
形やモノを創るだけがデザインではなく、
設計・計画・過ごし方・生き方・方向性そのものがデザインなのだ。
だから〈車両はひとつの街並みである〉という考え方にも、共感を覚える。



一冊の本から車両のデザインだけに留まらず、
考え方・仕事術・教育法・道徳・世界観・・・すら垣間見えてくる。

「本を読む たびに意見が 変わってく」

  


Posted by 夜更かし中年隊 at 19:08震える新聞記事

2013年12月04日

流行は廃れるモノ

数日前に発表された〈2013流行語年間大賞〉。

NHK-TVドラマ〈あまちゃん〉から「じぇじぇじぇ」、
TBS-TVドラマ〈半沢直樹〉から「倍返し」、
東京五輪招致のプレゼンで話題になった滝川クリステルの「お・も・て・な・し」、
TV-CMから誕生した予備校講師・林修氏の「今でしょ!」。

◎【2013新語・流行語】年間大賞は史上最多4つ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131202-00000304-oric-ent

TVドラマから2点、TV-CMから1点。
「お・も・て・な・し」のプレゼンテーションのイメージも、
TVの映像中継だからこそ会場の雰囲気も伝わってくる。
テレビの影響、未だ強し!のイメージも拡がった。
しかし、4点が年間大賞とは?余程決定打が無かった?

ちなみに「お・も・て・な・し」から話題を拡大すると、
オイラの好きなサヘル・ローズちゃんが【滝川クリサヘル】名で物真似も!


 ▲サヘルちゃん。これから人気者になりそうで嫌だなぁ

彼女を知ったのは、MX-TV「ニッポン・ダンディ」から。
イラン・イラク戦争の犠牲者という経歴には凄まじいモノがあるが、
そこを感じさせない色香とカマトト振りがちょいとイカス!
今上映中の映画「ペコロスの母に会いに行く」のも出演しています♪

〈流行語〉と言っても、オイラの周囲ではやたら聞くわけでもないし、
せいぜい話の摘まみで使用する位。
しかも〈流行〉するって事は、一時的に持て囃されるという事。
いずれ廃れて行くのが運命!
〈流行〉とは、そこにこそ一瞬の華が感じられるのだ。

早速NN新聞〈ひょうたんなまず〉にも登場!



「大豊作」
  生ものですので、
  お早目にご賞味ください  ~流行語大賞~

〈流行り廃り〉が無いと、世の中に変化はないだろうし面白みもない。
〈流行〉の中から、本当に大事なものや生活に密着したものは残っていく。
〈流行〉に浮かれるのも一考だが、〈生もの〉は大事に戴こう。

  


Posted by 夜更かし中年隊 at 10:37震える言葉

2013年12月03日

粋な酔い心地♪ハマクラワールド

昨夜のラジオ深夜便〈懐かしい歌謡曲〉は「浜口庫之助特集」。
ハマクラさんの曲は粋でおしゃれ、そして覚えやすい。
そして本人の歌声もツヤがあって魅力的だ。

最近亡くなった島倉千代子さんの歌「♪人生いろいろ」も脚光を浴びたが、
ヒット曲はどれも忘れ難いモノばかり。

守屋浩の「♪僕は泣いちっち」。
西郷輝彦の星シリーズ3部作から「♪星娘」。
坂本九やジャニーズなど、共作になりヒットした♪「涙くんさよなら」。
スパイダースの「♪風が泣いている」。
スター☆にしきのあきらのデビュー曲「♪もう恋なのか」・・・

和田浩二の為に作ったという「♪銀座の子守歌」も、哀愁があって良かった。


 ▲歯並びといい、何処か裕次郎に似ていた日活スター和田浩二

◎和田浩治「♪銀座の子守唄」
http://youtu.be/eREX4yrZYLM

文化庁から叙勲授与の話があった時、
「勲章の為に作曲しているのではない」と辞退したエピソードもある。
創リ出す曲同様、粋な生き方も実践しているのだ。

石原裕次郎の「♪夜霧よ今夜も有難う」「♪粋な別れ」はAB両面だったとか。
今思えば、何と贅沢なカップリング。

「粋な別れ」をサラリ!と歌い上げる、成熟した大人になりたい・・・
と、今でもいつでも思っている。

  


Posted by 夜更かし中年隊 at 15:02震える一曲

2013年12月02日

表に出てこない?男たち

独身男女のお見合いツアーで、
女性の積極性に比べ、男性の反応が鈍くなっている」と主催者の感想。


 ▲チャンスは逃すな!

朝一の映画館等で目立つ熟年夫婦や女性のグループ。
お昼にはママ友ランチ族でちょっと贅沢なお昼、
飲み屋等でも女子会で盛り上がる元気な女性陣はよく見掛けるが、
最近叔父様族や若い男性グループは、以前ほど見掛けない。
野郎共は夜の飲み会も減って、何処で一体何をしている?

本来野郎は群れたがらないのが普通だと思うし、
個人主義を通しマイ世界やマイ趣味に浸り、今が正常なのかも?
外から見れば内や自分に閉じこもり、
一見覇気やヤル気が感じられなくなっているだけなのかな?


 ▲定年後生活パターンは180度変わる!?

既婚男性はイクメンになり家族中心の生活が始まり、
定年後の世界では男女の立場が逆転し、
男性は居場所を失くし元気まで喪失しているのかな?

せめて選択する自由だけは山ほどある独身男性軍には、
仕事も恋愛も趣味も前向き・積極的に謳歌して貰いたい!
アラカン世代の願望&戯言ではありますが・・・

部長さん 定年後には 家長補佐?

  


Posted by 夜更かし中年隊 at 16:47なるほど~

2013年12月01日

今日もゆっくり「さだまさし」隠れた名曲特集

数日前の、身につまされた〈さだまさし〉の名曲「♪案山子」ネタ。

◎雑感・所感・コリャイカン!
http://hayaoki1951.noramba.net/e258371.html

それに続いて更に、あと3つ!の〈さだまさし〉名曲ネタ。

アラカンという同世代でもあり、
共感することも多い〈さだまさし〉の音楽の世界。
今日はその数ある曲の中から、
一般にあまり知られていないと思われる曲をアップ。
単に、自分が知らなかっただけなのかも・・・?

佐田玲子との兄妹曲「♪あなたを愛したいくつかの理由」を、
さだファンという益田宏美とデュエットしているのがコレ。
益田宏美の歌唱力には惚れぼれする。



◎「♪あなたを愛したいくつかの理由」 さだまさしし&益田宏美


こちらは名曲「♪関白宣言」から、
その後の危うい亭主の存在を歌う「♪関白失脚」。
夫婦のドラマは年齢や年輪で、微妙に変化していく。

◎「♪関白失脚」 さだまさし


親父の後姿は、己の人生の先行きをも想像させる。
役割を終え公園に鎮座している〈SL〉が、親父の姿にダブって見える。
サイモンとガーファンクルは老人がベンチに座って動かない様を、
〈SL〉じゃなく〈ブックエンド〉と表現していたなぁ。

◎「♪退職の日」 さだまさし


人の数だけ人生ドラマがあり、みんな其々が健気に生きている。
そういう事を考えさせてくれる〈さだまさし〉の曲の数々。
そんな曲に出会え、何故か優しい気持ちにさせてくれる事にも感謝。

〈ありがとう〉がたくさんある日は、幸せな日

  


Posted by 夜更かし中年隊 at 10:01震える一曲
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎(市)情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村にほんブログ村 オヤジ日記ブログ お茶目オヤジへ
にほんブログ村
My Yahoo!に追加
Googleに追加
Bloglinesに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
  • SEOブログパーツ
キネ旬オンライン・ショップ
< 2013年12>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
プロフィール
夜更かし中年隊
夜更かし中年隊
アラカン(アラウンド還暦)世代。
親父の立場や経験から、
独り言・視線・つぶやきを交えながら
世の中を笑い飛ばして行きます。
PR
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人