2014年03月22日

オイラにだって「野心」はあるで~

ちょいと本と遠ざかっていたので、Bookoffで書籍5冊購入。

するとタイミングを図ったようにある先輩から、
「最近、どんな本読んでる?お薦めの本は?」とのメール。
印象の残ってる数冊の題名と、
これから吉田修一著「春、バーニーズで」読み始めます・・・と返信。
ベストセラーにもなった林真理子著「野心のすすめ」も、
バーニーズの本と一緒に購入したした一冊。


 
林真理子と言えば、「最終便に間に合えば」で直木賞を獲った時
決して(選考委員を)後悔はさせません!」の言葉が印象的だった。
〈きっぱり!〉とした意志表示と自信が凄い!と思ったものだ。
彼女の本を読むのは、それ以来かな?
・・・といっても小説ではないけど。

「有名になりたい」「作家になりたい」「結婚したい」「子どもが欲しい」
無理と言われた願望をすべて叶えてきた、人気作家による「夢を実現させるヒント」。
いろんな惹句が踊るし、イチャモン?も付け易い内容だ。
オイラはそれなりに面白く読めたけど、嫌に感じる人も多分多いんだろうなぁ。


 ▲確かに以前より綺麗になった?林真理子さん

「努力した人には努力したなりの見返りがあるという事実を認識できるか、
 その時点での自分の敗北を認めることができるかどうか。」
「20代でいきなり世に出てきて、性格の良い人はいない。」
「やってしまったことの後悔は日々小さくなるが、
 やらなかったことの後悔は日々大きくなる。」
「野心は自分が成長していくための原動力、野心に見合った努力も必要。」
「どのように生きていくかは、充実した人生を送るためには不可欠。」
「貧乏って、消極的になるから悲しい。」
「今の自分はまずいなぁという状況なら、思い切って河岸を変えてみる。
 人生のリセットは何度でもできる。」
「道に迷い込むことによって、自分の進みたい道がはっきりと見えてくる。」
「書くからには内臓までお見せする気で、
 目を背けたくなるような自分を切り刻んでいかねばならない。」
「人に否定されたら、悔しい気持ちをパワーに変えましょう」
「セックスしてもいいと思える相手だったら、取り敢えず一緒に住んじゃったら?」

有名人の含蓄ある言葉も印象的
「短くパッと言うより、グジグジ言うのがうまい」~コピーライター糸井さん
「女性が排泄物を見ながら、自分の恋人に思いを馳せる・・・」~詩人高橋睦郎
「女流作家たるもの、夫と外食するとは!」~作家渡辺淳一
「女流作家の夫はろくでなしじゃないと駄目。」~作家村山由佳

多才な人の思考や見識・世界を垣間見る驚きもある。
「野心が希薄になっているから、少子化が進んでいる」の考え方も、
全てではないが一理あるなぁと納得した次第。





Posted by 夜更かし中年隊 at 11:05 │人の振り見て拡がる世界

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎(市)情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村にほんブログ村 オヤジ日記ブログ お茶目オヤジへ
にほんブログ村
My Yahoo!に追加
Googleに追加
Bloglinesに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
  • SEOブログパーツ
キネ旬オンライン・ショップ
< 2018年11月 >
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
プロフィール
夜更かし中年隊
夜更かし中年隊
アラカン(アラウンド還暦)世代。
親父の立場や経験から、
独り言・視線・つぶやきを交えながら
世の中を笑い飛ばして行きます。
PR
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人