2013年08月22日

脅威の根気!「アントニオ・ロペス展」

前売券買っていながら、行くタイミングがなかなか揃わず見逃していた
長崎県立美術館で開催中の「アントニオ・ロペス展」を、やっと鑑賞。



いや~、素晴らしい!
こういう展示会を長崎で見れることに、幸せ感じます♪

リアリズム作家と呼ばれる「アントニオ・ロペス」の素描・絵画・彫刻は、
その写実性のきめ細かさ・丁寧さにも驚くが、
描き上げる迄のその根気と執念が驚異的!

鉛筆一本で仕上げた作品の大きさ・緻密さ。


 ▲鉛筆で描かれた娘「マリアの肖像」

気が遠くなる透視図法の正確さ・現場へのこだわり。


 ▲作品のデカさも半端無い「トーレス・ブランカスからのマドリード」

同じ角度で絵を描くために、15~20年同じ場所に通い続けたり・・・


 ▲同じ地点で対象を見つめ作品を仕上げる

映画「マルメロの陽光」では、その製作過程を垣間見ることが出来る。
展示方法も「故郷」「マドリッド」「ファミリー」「静物」「植物」「人体」等と
題材別に展示され解り易いし、身近に眼前で鑑賞出来る。

展示会も今月25日(日)まで、ホントの駆け込みだった。
最終日も迫り観客は平日でも結構多いので、未見の方は早目に是非!



Posted by 夜更かし中年隊 at 18:43 │拡がる世界

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎(市)情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村にほんブログ村 オヤジ日記ブログ お茶目オヤジへ
にほんブログ村
My Yahoo!に追加
Googleに追加
Bloglinesに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
  • SEOブログパーツ
キネ旬オンライン・ショップ
< 2018年11月 >
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
プロフィール
夜更かし中年隊
夜更かし中年隊
アラカン(アラウンド還暦)世代。
親父の立場や経験から、
独り言・視線・つぶやきを交えながら
世の中を笑い飛ばして行きます。
PR
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人