2011年09月30日

大鹿村騒動記の鑑賞記

名優にしてアンチヒーローだった俳優原田芳雄の遺作「大鹿村騒動記

これまで計6本、原田芳雄とタッグを組んできた阪本順治監督。
「彼をいつか主演に!」という阪本監督の願いと、
昔TVロケで大鹿村を訪れ村人の思いに触れたことがきっかけで、
大鹿歌舞伎をテーマに映画化したい!という原田の思いが結実した作品。


 ▲夫々の思いが詰まった忘れられない作品になった

忘れられないけど、思い出したくもない女が帰ってきた。
いいですね、このキャッチコピー。
映画の滑稽なストーリーが見えて来るようです。

18年前に駆け落ちした妻と親友が、突然村に戻ってきた。
聞けば妻は認知症を煩い、駆け落ちしたことさえ忘れてしまっていると言う。
そこから始まるてんやわんやの騒動記。

舞台は長野県の大鹿村、この地で300年以上も受け継がれている村歌舞伎。
リニア新幹線の誘致や台風・地デジ化の世相を交えながら、
田舎歌舞伎を中心に何だかまとまらない?村を通して繰り広げられる人間喜劇。

阪本監督とベテラン脚本家荒井晴彦の共同脚本が、
ホロ苦くも生き生きとした人間味あふれる群像劇を誕生させ、楽しめる作品になってます。


 ▲村歌舞伎役者勢揃い

ダメでどうしようもない大人達のユーモアあふれる掛け合い、
笑いと涙・憎しみと諦め、ドラマチックではないが人生の悲哀・滋味が詰まった物語。
ニヤリ!とさせられる愛すべき大人の喜劇、それが「大鹿村騒動記」。
「美味しんぼ」以来2回目の三国連太郎&佐藤浩市親子共演も見られます。

公開3日後の2011年7月19日主演の原田芳雄が死去した為、彼の遺作になりました。

寂しくなります・・・




Posted by 夜更かし中年隊 at 02:07 │震える~シネマ
この記事へのコメント
面白そうですね 絶対見ます
このところ洋画より邦画見るのが多くなってる
夜更かし中年隊さんはどっちが好きとかあります?
と聞いておきながら・ですが
そんな好き嫌いは超越してる気がする!(^^)!
Posted by おむすびころりん at 2011年09月30日 22:19
おむすびころりん さん

どっちが好きとかはなく、どっちも好きです。
でもより理解できるなぁと思うのは、やっぱり邦画ですね。
洋画も景色なり憧れなりがあって、世界の広さ感じさせてくれます。

金子みすずと同じ心境、「みんなちがって、みんないい。」です。
Posted by 夜更かし中年隊夜更かし中年隊 at 2011年10月01日 00:22
大鹿村、私も観ました。いい映画でしたね~
Posted by かむら at 2011年10月01日 07:56
かむら さん

ユナイテッド・シネマの朝一番の回に見に行くと、
前列に並んでる4~5人の大人達みんなが「大鹿村騒動記」のチケット購入。
上映回数が少ない事もあるんだろうけど、団塊世代のパワー感じました。
みんなよく笑ってましたね。
Posted by 夜更かし中年隊夜更かし中年隊 at 2011年10月01日 09:06

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎(市)情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村にほんブログ村 オヤジ日記ブログ お茶目オヤジへ
にほんブログ村
My Yahoo!に追加
Googleに追加
Bloglinesに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
  • SEOブログパーツ
キネ旬オンライン・ショップ
< 2018年02月 >
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
プロフィール
夜更かし中年隊
夜更かし中年隊
アラカン(アラウンド還暦)世代。
親父の立場や経験から、
独り言・視線・つぶやきを交えながら
世の中を笑い飛ばして行きます。
PR
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人