2011年08月13日

いろいろあるさ男と女、映画「にごりえ」

「男と女」と言えば歌手日吉ミミさんが、すい臓がんで亡くなられました。

日吉ミミさんは70年代、「男と女のお話」「男と女の数え唄」等
「男と女」の世界を独特のハスキーボイスで表現され、活躍した女性歌手。

【21%OFF】[CD] 日吉ミミ/COLEZO!: 男と女のお話

【21%OFF】[CD] 日吉ミミ/COLEZO!: 男と女のお話
価格:1,580円(税込、送料別)


 ♪恋人にふられ~たの~ よくある話じゃないか~
  世の中かわっているん~だよ 人の心も~ かわるのさ~  作詞:久仁京介

子供達が鼻に掛かった声で、よくモノマネする程の人気振りでした。
ご冥福をお祈りします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

先日のコメントで、「頭痛 肩こり 樋口一葉」のフレーズが飛び出してましたが、
偶然にも!今日の映画「にごりえ」は原作が樋口一葉。
短編小説「十三夜」「大つごもり」「にごりえ」を原作とした、1953年オムニバス映画です。
監督は今井正、脚が水木洋子・井手俊郎。


 これも巨匠 今井正監督作品

第一話「十三夜」 
     夫婦仲が原因で実家に帰った娘が、両親に説得され嫁ぎ先に戻っていく話。
第二話「大つごもり」 
     身寄りのない娘が世話になった養父母から前借を頼まれ、奉公先で苦悩する話。
第三話「にごりえ」 
     花街の売れっ娘にいい旦那が現れるが、昔の馴染み客や酔客に翻弄される話。

樋口一葉は現実に生活苦と戦いながら 24歳6ヶ月の薄命で肺結核で死去した作家。
良好な男女仲は登場しませんが、
何処にでもありそうな世俗的な話に、哀感と寂寥感を感じます。
淡島千景の色っぽさ・久我美子の可憐さ・杉村春子等の器用さ・・・
勿論、 山村聡・芥川比呂志・仲谷昇・宮口精二等の男優陣も皆素晴らしい☆
演じる役者達の饗宴?に酔うのも一考。

「山田洋次監督が選んだ家族の映画50本」の1本として、NHKで放映されたばかり。
これも又、キネマ旬報第1位、毎日映画コンクール、ブルーリボン賞等の受賞作。

しばし、モノクロ映像の幽玄の世界に浸って下さい。




Posted by 夜更かし中年隊 at 11:42 │人生いろいろ
この記事へのコメント
日吉ミミさんのご冥福をお祈りします。
Posted by ryu3ryu3 at 2011年08月13日 22:50
ryu3 さん

何を覚え知っているかで、世代のギャップ感じます。
ryu3 さん世代のアイドルは誰でした?
Posted by 夜更かし中年隊夜更かし中年隊 at 2011年08月14日 04:42
今までは見る機会がなかった(実は視野に入ってなかった)
日本のモノクロ映画
見なくちゃ勿体ないんですね
レンタル屋さんのぞいてみます~  
Posted by おむすびころりん at 2011年08月14日 06:53
おむすびころりん さん

過去の名作・傑作は、懐かしいと同時に新作とはまた違う感動も感じます。
先人達の業績や遺産をもっと知り、伝えていかねば!
Posted by 夜更かし中年隊夜更かし中年隊 at 2011年08月14日 09:13
私の世代は、西城秀樹とかピンクレディなどなど

やはりカラーでした。白黒はの漫画の「のらくろ」を見た覚えが

あります。
Posted by ryu3 at 2011年08月14日 12:49
ryu3 さん

西城秀樹とかピンクレディは同世代になるんですか?
ちなみに、アチキは西城秀樹のモノマネが少し出来ます(^-^)

漫画「のらくろ」は知っていても、見たことはありません。
Posted by 夜更かし中年隊 at 2011年08月14日 17:35

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎(市)情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村にほんブログ村 オヤジ日記ブログ お茶目オヤジへ
にほんブログ村
My Yahoo!に追加
Googleに追加
Bloglinesに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
  • SEOブログパーツ
キネ旬オンライン・ショップ
< 2018年05月 >
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
プロフィール
夜更かし中年隊
夜更かし中年隊
アラカン(アラウンド還暦)世代。
親父の立場や経験から、
独り言・視線・つぶやきを交えながら
世の中を笑い飛ばして行きます。
PR
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人