2015年12月20日

「恋多き歌人」の残り火

彼女は養護老人ホームで亡くなった。83歳。

たたかいに やぶれて咲けよ ひまわりの 種をやどして をんなを歩く

恋愛を「たたかい」と詠み、、内奥に花の種を宿した歌人。
彼女は半世紀という長きにわたり、地域の短歌会を牽引してきた。
そんな歌人を、3年目になる生意気な女性記者が取材を始める。


 ▲よく見ればひまわり

「あなた、目に見えるものと内容が違うことくらい、新聞記者ならわかるでしょう」

結婚もしなかったし、子供もいない。
 そのお蔭で手に入れたものもたくさんあるのよ


人間ひとりを、そんなカテゴリーでくくろうってところに無理があるの
 記事にするなら、わたしが死んでからにしなさい」

「あなた、おもしろそうな子だから、わたしの追悼記事をお書きなさいな。
 もちろん、すごくおもしろく書かなきゃだめよ」

後ろめたいことのない人間なんて、胡散臭くて気持ちが悪い

「文化人ってのは、記者を前にして自分がどう見えるかばっかり気にしている。
 あそこまでいくと滑稽を通り越して気の毒だな」・・・

彼女は自分の夢を叶えてくれるかも知れぬ青年とふたり、泥まみれの晩年を選ぶ。
何度目かの二人旅から帰り、体調を崩した歌人は、
青年へ全ての譲渡手続きを済ませ老人ホームへ入所する。
これから先は、自分が死んでも二度と会わないこと」といいつけをして。

彼女の死から約一年後。
青年は5年間の豊饒な歌人との景色を「デュラスとの日々」という小説にし、
注目を浴びることになる・・・

175

これは桜木紫乃の小説「起終点駅ターミナル」の中の
たたかいやぶれて咲けよ」の一編。



映画化するなら、80代の「恋多き歌人」を演じられるのは誰だろう?
ちょっと気の強そうな新聞記者は?そして青年は?
そんなことを夢想させる、心に余韻を残した小説だった。




Posted by 夜更かし中年隊 at 16:19 │人物探訪

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎(市)情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村にほんブログ村 オヤジ日記ブログ お茶目オヤジへ
にほんブログ村
My Yahoo!に追加
Googleに追加
Bloglinesに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
  • SEOブログパーツ
キネ旬オンライン・ショップ
< 2018年05月 >
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
プロフィール
夜更かし中年隊
夜更かし中年隊
アラカン(アラウンド還暦)世代。
親父の立場や経験から、
独り言・視線・つぶやきを交えながら
世の中を笑い飛ばして行きます。
PR
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人