2015年11月26日

幸せ気分にさせてくれる場所

ANAグループの機内誌〈翼の王国〉に連載されたエッセイ全24篇を収録した、
長崎出身の人気芥川賞作家:吉田修一著「作家と一日」。
その中の一編「人の背中」に、思わず納得!のこんな話が出てくる。



人を幸せな気分にさせてくれる場所の一つに、〈到着ロビー〉をあげる。

自分の待ち人がゲートの向こう側から現われる時はもちろん、
横で誰かを待っていた人が現れた時に浮かぶ何とも言えない喜びの表情に、
こちらまで嬉しくなってくる。
こういう場所にいると、人ってやっぱり誰かと会いたいんだなと思う。
会いたい人がいて、会いたいと思ってくれる人がいる。
もしかすると、ただそれだけで人って幸せなのかも知れない
・・・(略)



人と人とが交錯し幸せ気分にさせてくれる場所には、
家族愛や兄弟愛・恋愛・師弟愛・友情・同志愛・博愛・隣人愛・・・
いろんな形をした愛情が溢れている。

オイランなんかはもっと単純なんで、
温泉やサウナ入ったり、レストランやピエトロ!で美味しいもの食べたり、
映画館でいい映画に出会えた時も幸せ気分になれたりする♪
幸せ気分になれる場所が多い人は得なような気もする。




Posted by 夜更かし中年隊 at 18:13 │人生いろいろ震える一冊

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎(市)情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村にほんブログ村 オヤジ日記ブログ お茶目オヤジへ
にほんブログ村
My Yahoo!に追加
Googleに追加
Bloglinesに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
  • SEOブログパーツ
キネ旬オンライン・ショップ
< 2018年07月 >
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
プロフィール
夜更かし中年隊
夜更かし中年隊
アラカン(アラウンド還暦)世代。
親父の立場や経験から、
独り言・視線・つぶやきを交えながら
世の中を笑い飛ばして行きます。
PR
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人