2015年11月23日

映画「さよなら歌舞伎町」の連鎖反応

見逃せない映画を撮り続ける廣木隆一監督+荒井晴彦脚本の最新作、
長崎未公開?の「さよなら歌舞伎町」をやっと観る。
今回が「ヴァイブレータ」「やわらかい生活」に継ぐ3度目のタッグ作品。
彼等の作品には、忘れられない程愛しくなる人物がよく登場する。



ラブホテルで交錯する男たち・女たち
身も心も触れ合うとき、きっと何かが見えてくる-
不器用で愛おしい人々へ


新宿・歌舞伎町のラブホテルを舞台に、男女5組の人生が絡み合う群像劇。
出演は染谷将太と前田敦子の注目若手コンビに、­
南果歩・松重豊・大森南朋・村上淳・忍成修吾・田口トモロヲ等の個性派集団。

◎映画「さよなら歌舞伎町」予告編


男女の色恋話というか、人間模様を描く映画は好きなジャンル。
夢を語り愛を求める人達のドラマは期待に十分応えてくれる内容だし、
特に韓国人カップルの切ない逸話にはホロリ!とさせられる。

田口トモロヲ扮するホテトル派遣会社名が「ジューシー・フルーツ」。
そのメンバーの〈イリヤ〉が好きだったと言う話が出てくる。
確かにちょっと可愛い娘ちゃんだった。


 ▲思い出の「ジューシー・フルーツ」

「ジューシー・フルーツ」の大ヒット曲が「ジェニーはご機嫌ななめ」。
懐かしくなってYouTubeで聴いてしまった。

◎ジューシー・フルーツ「ジェニーはご機嫌ななめ」


愛称の〈イリア」の由来は、0011ナポレオン・ソロの登場人物「イリヤ・クリアキン」。
彼が好きだったことからのネーミングらしい。
折しも「0011ナポレオン・ソロ」の再映画化が「コードネーム U.N.C.L.E.」。
ガイ・リッチー監督久々の会心作で現在公開中!



最後に映画「さよなら歌舞伎町」のコメント。
「ラブホテルに出入りする人、働く人、
 それぞれが何らかの暮らしの事情や屈託を抱えて右往左往しながら、
 なお、愛を求め、ささやかな希望を抱く。
 〈さよなら歌舞伎町〉は、現代日本に蘇った『グランドホテル』だ!
   ~上野昂志(映画評論家)~

ラブホテルには男と女の切なさがしみ込んでいる。
 それぞれの切ないドラマが、とても愛おしい
。」~末井昭(エッセイスト)~


Posted by 夜更かし中年隊 at 18:35 │震える~シネマ

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎(市)情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村にほんブログ村 オヤジ日記ブログ お茶目オヤジへ
にほんブログ村
My Yahoo!に追加
Googleに追加
Bloglinesに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
  • SEOブログパーツ
キネ旬オンライン・ショップ
< 2018年05月 >
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
プロフィール
夜更かし中年隊
夜更かし中年隊
アラカン(アラウンド還暦)世代。
親父の立場や経験から、
独り言・視線・つぶやきを交えながら
世の中を笑い飛ばして行きます。
PR
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人