2015年10月14日

色んな感性、磨かにゃ光らん

少し前にメトロ書店で同時購入してた3冊。


 ▲定期購読の「キネ旬」と一緒に購入

人生を変える言葉2000」はレジ横に陳列してあって、
書店の思惑に載ってしまって?思わず衝動買いしたもの。

その時のもう一冊が新聞紙上で発売を知った本。
デビュー当時から作家:五木寛之ファンなんで、かれこれ40年近く。
青春時代を共に過ごした懐かしい平凡パンチに掲出され
感性溢れる初期作品を集めた「五木寛之 時代を駆け抜ける作家」。
この本を暇々に読むのが、最近のオイラの密かな楽しみ♪

今朝読んだ「金曜の夜」も、刺激に溢れて楽しめた。


 ▲「金曜の夜」は、わずか4Pの短編

金曜の夜と土曜の午後が、わたしひとりのシャングリラ(=理想郷)なる

「(レンタルビデオ店で)そのコーナーは、ほとんどいつも客がいない。
 なんだか貸しだし率の悪いのを、押し込んだという感じ。
 そのコーナーを、自分専用の棚のように思いこんでいた」

こんな冷たい雨の降る夜には、慣れない相手より
 古い気心の知れた友達とつきあうほうが心がやすまる


「(映画〈ナチュラル〉で)ロバート・レッドフォードがくたびれた中年男を演じて、
 いい味をだしてるわ」

性格の悪い人間をやるとき、イブ・モンタンはなんて素敵なんだ」・・・


 ▲性格の悪いイブ・モンタンが鑑賞できる映画「愛と宿命の泉」

途中で女言葉みたいな会話になる辺りから「ん?何かヘン」と思ったが、
あの!五木寛之がこういう人間関係?ジャンル?の小説を書いていたとは。
若かったから、色んなジャンルの小説にチャレンジしてたのかな?

最近は読者や受け手側にも様々な感性が要求され、
理解力がないと作品になかなか入れない・付いて行けない作品が増えている。
刺激されると、感覚も磨かれていくのだろうか?


Posted by 夜更かし中年隊 at 15:40 │震える一曲

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎(市)情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村にほんブログ村 オヤジ日記ブログ お茶目オヤジへ
にほんブログ村
My Yahoo!に追加
Googleに追加
Bloglinesに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
  • SEOブログパーツ
キネ旬オンライン・ショップ
< 2018年11月 >
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
プロフィール
夜更かし中年隊
夜更かし中年隊
アラカン(アラウンド還暦)世代。
親父の立場や経験から、
独り言・視線・つぶやきを交えながら
世の中を笑い飛ばして行きます。
PR
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人