2015年07月23日

まだまだ、まだまだ「城アラキ」の世界

学ぶことが多い酒にまつわる話を、又々作家「城アラキ」の語録から。

どんなワインを飲むか?が問題なのではない。
 誰と、いつ、何故その一本を開けるのか?が問題なのだ
。」

「高級ワイン一本を一人だけで味わうほど狷介(けんかい)には成りきれぬ。
 味わい、歴史、感動、何でもいい。
 人は〈美味しいね〉と語り合える相手=共感が欲しいのだ。」

「実は、高いワインの難しさは金額ではなく、
 そのワインを開けたいと思える人と出会えるか?なのだ」

ワインの涙:グラスワインの液面近くのガラス内壁に、
         絶え間なく形成されては零れ落ち 続ける無色の液滴。
         特にアルコール度数の高いワインで見られる。」


 ▲ワインの涙。〈ワインの脚〉〈教会の窓〉とも。(C) Robert S. Donovan

「女性バーテンダーは誰しも何かを見捨て、カウンターに立っています。
 何かを捨てる覚悟があれば、女性バーテンダーは男性バーテンダーより強い。」

「〈ロマネ・コンティ〉今だとお値段軽自動車一台分。
 誰のためなら、この一本を開けられますか?」


 ▲これが〈ロマネ・コンティ〉。軽自動車とどっちを取る?

「会いたいと思って、永遠に会えぬ人がいる。
 別れようとして別れられぬ人もいる。
 結ぼうとして結べぬ縁も、切ろうとして切れぬ縁もある。
 人はグラスの向こう側に、過去の縁や彼岸の縁まで見る。」

「かって酒、特に〈密造酒〉は神の恵みだった。」・・・

まだ社会経験も乏しく、あまり酒も飲めない(今もか?)20代前半の頃、
そんなオイラを酒場に誘い、よく引き連れていってくれた先輩がいた。
新しい店を覗いたり、女の娘(こ)が目当てだったり、
呑み仲間と騒ぐのが好きだったり、二人で議論するのを愉しんだり・・・
大事なことは酒場で教わった」気がする。




Posted by 夜更かし中年隊 at 15:55 │震える言葉

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎(市)情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村にほんブログ村 オヤジ日記ブログ お茶目オヤジへ
にほんブログ村
My Yahoo!に追加
Googleに追加
Bloglinesに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
  • SEOブログパーツ
キネ旬オンライン・ショップ
< 2018年05月 >
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
プロフィール
夜更かし中年隊
夜更かし中年隊
アラカン(アラウンド還暦)世代。
親父の立場や経験から、
独り言・視線・つぶやきを交えながら
世の中を笑い飛ばして行きます。
PR
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人