2015年07月06日

暫くは「城アキラ」中毒!?

もっかマイブーム中の作家「城アキラ」。
活字から語録の数々を拾ってみる。

バーの客はうるさい。内に隠して顔に出さぬが、本当はかなり細かい
 照明は、腕時計の文字盤がギリギリ読める程度の明るさ。
 音楽は会話が途切れた時に、かかっていることに気付く程度の音量か無音。」
確かにお店に要求しようすれば、いろいろ出てくる。
しかし照明にしろ音楽にしろ、雰囲気が合わなければ客は足を向けないだけ。
場所も飲み屋街のど真ん中より、ちょいと外れた隠れ家みたいな処。
バーテンダーは若いのやミドルもいいが、年季の入った熟年もまたよし。
まぁ、これはオイラの好み♪

ダメなバーテンダーの共通点。
 客の言葉に否定形から入る。
 知識・情報が狭すぎる。
 お喋り。

バーテンダーには意外と人見知りも多いらしい。
極端なお喋りや無口は困りものだが、視野を拡げてくれる知識は欲しいなぁ。
バーテンダーだけでなく、お店の女の子にも言えることだけど。


 ▲他の客への口出しも以ての外

優秀な人間・挫折を経験してない者は、
 自分の考えに固執して時に身動きが取れなくなる。要は可愛くない
。」
たまに自分が優秀なことを、鼻にかけてるような人物に出くわす。
何をもって自分を優秀と思い世間を見下しているのか?
そう思っていること自体が勘違いで、
単に世間知らずの自己満足でしかない!と思うのだが?

「関東のバーは箱(店)に愛嬌が、関西のバーは人に愛嬌がある。
 愛嬌とは何か?苦境に直面した時に、無理にでも浮かべる笑顔のこと
 愛嬌は、自分を晒せる自信と余裕に裏付けされている。」
男女の区別なく、何をやっても愛嬌のある人物がいる。
彼等の傍にいるだけで、幸せをお裾分けして貰ってる感じがする。


 ▲何やっても許されるのが愛嬌

「スナックとオーセンティック・バーの違い。
 道で偶然に会い、立ち話で盛り上がるのがスナック。
 Tシャツで自転車に乗るバーテンダーに出くわし、
 苦笑いで互いに目を反らすのがオーセンティック・バー。
 スナックは日常の延長にあり、バーは非日常の舞台。
 客の満足に右顧左眄(うこさべん)せぬことこそ、バーの存在価値がある
。」
〈右顧左眄〉とは人の意見ばかり気にかけること。
バーテンダーの立ち位置ってのは、酒の世界でも意外と難しい。

「バーで絶体にやってはいけない事。
 カウンターのボトルを、お客が勝手に触ること。
バーで女は口説くな。口説き落とした女を連れて行け。」
「バーでは泣きたい時こそ笑え。バーは男がやせ我慢を学ぶ場。」


 ▲「カクテル」トム・クルーズ主演のこんな楽しい映画もあった

「銃社会のアメリカでは、バーテンダーを〈バー・キーパー〉とも言った。
 だから〈酔わず騒がず呑む〉という、緊張のマナーが生まれた。
 理性を失い易い酒場だからこそ、男達は紳士を装うことを求められた
 さながら舞台に立つ役者のように。」
酒を呑むのも命掛け。それでも酒は呑みたい。
今では酒場もいろいろで、命を掛けなくてもいい分だけでも有難い?
酒でトラブルになる事は昔も今も変わらず多い気はするが、
酒が取り持つ縁〉ってのもあって、酒は飾りたてた人の衣装を剥ぎ取る。

この世は舞台。ひとはみな役者。」 ~シェイクスピア~




Posted by 夜更かし中年隊 at 16:07 │人物探訪

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎(市)情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村にほんブログ村 オヤジ日記ブログ お茶目オヤジへ
にほんブログ村
My Yahoo!に追加
Googleに追加
Bloglinesに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
  • SEOブログパーツ
キネ旬オンライン・ショップ
< 2018年01月 >
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
プロフィール
夜更かし中年隊
夜更かし中年隊
アラカン(アラウンド還暦)世代。
親父の立場や経験から、
独り言・視線・つぶやきを交えながら
世の中を笑い飛ばして行きます。
PR
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人