2015年07月03日

マイブームにしたい作家「城アキラ」

書いている文章を読んで、「なかなか面白い!」と思う作家がいる。
その視点や考え方・風貌・経歴などがリンクして、より興味を抱いていく。
バーテンダーの流儀」という本の著作者〈城アキラ〉。
コピーライターを経て、「バーテンダー」等の漫画原作者・作家で雑誌記者。


 ▲お酒の流儀にも一家言ある作家:城アキラさん

ワインは自然で知性的。カクテルは人工的で二日酔いになる安酒。
 ソムリエはスマート。バーテンダーは胡散臭いくせに横柄。

そんな風に思っていたバーテンダーから、
「今日は酔っていて味が分からないので、お帰りください。」と言われる。
その言葉に腹を立てることより感動し、
やがてそのバーテンダーに興味を覚えて話が転がっていく・・・


 ▲バーテンダーの世界も奥が深そう

サービス業にとって、記憶は仕事の一部
 客の名前を覚えることはすべての基本だ。
 それだけで客は少し特別扱いされた気分になる。」
「一流ホテルのドアマンの中には、
 常連客の顔と名前を五千人も覚えている人がいる。」
「一人前のバーテンダーなら、
 一週間の間に2度以上来たお客様の顔やオーダーは、5年先でも覚えている。」
世の中に達人がいるのは知ってるが、業界の面白さと凄さを披露して見せる。

「〈羊たちの沈黙〉の悪魔的天才殺人者ハンニバル・レクター博士は、
 頭の中に広大な宮殿を持っていて、必要になると色々な部屋の扉を開く
。」
映画界でもレクター博士の登場は、犯罪者の歴史を変えた。
知能と残虐性とカリスマ性が、予想を超えて感覚を刺激してくる。
そうした一般知識?にも、面白さを共有し分かち合える部分を持っている。


 ▲映画悪役ランキングには必ず登場!のレクター博士

バーは永遠に〈記憶の箱〉。この箱の空間に身を置けば、
 時間を越えていつでも昔の自分を思い出せる。
 人はこんな〈記憶の箱〉を時々開けたくなって、バーに足を向けるのかも知れない。」
お金を出してわざわざ酔っ払いに行く理由付けは、こういう処にあったのか?

・・・とまぁ、オイラのどっちかと言えば鈍な感覚をも刺激してくる文才。
知らない世界を知る〈初体験ゾーン〉を大いに楽しみたい♪




Posted by 夜更かし中年隊 at 09:58 │人物探訪

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎(市)情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村にほんブログ村 オヤジ日記ブログ お茶目オヤジへ
にほんブログ村
My Yahoo!に追加
Googleに追加
Bloglinesに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
  • SEOブログパーツ
キネ旬オンライン・ショップ
< 2018年05月 >
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
プロフィール
夜更かし中年隊
夜更かし中年隊
アラカン(アラウンド還暦)世代。
親父の立場や経験から、
独り言・視線・つぶやきを交えながら
世の中を笑い飛ばして行きます。
PR
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人