2015年05月22日

人生の師を求めて♪

岸田國士戯曲賞・紀伊國屋演劇賞個人賞等を受賞している、
長崎県松浦市出身の劇作家:岡部耕大さんのエッセイ
韋駄天の記〉がNN新聞に連載されている。


 ▲劇作家:岡部耕大さん 提供:岡部耕大Official HPより

「黒澤作品を見つめ」の中で納得!の文章があった。

「私も人間を諦めかけてるのかも知れない。
 人間関係が嫌になったり、疲れたりするのが老いである。
 闘争心を失くす。

 隠居して伊万里で陶芸をしたり、星鹿で魚釣りや畑を耕す生活をしたくなる。
 伊万里には陶芸の師匠もいる。
 星鹿にも人生の師匠だらけである。」

70歳の岡部さんにして人生の師匠が傍にいるとは、先には先があるものだ。
目指す師匠が身近にいれば、生活にハリも出る。
長老が 若いのと言う 古稀や喜寿
そんな句を思い出した。


 ▲NN新聞の岡部耕大さん連載〈韋駄天の記〉

「今年の正月も黒澤明作品のDVDばかりを観て過ごした。
 〈天国と地獄〉は人間を描いては秀逸である。
 〈赤ひげ〉以降の黒澤明は人間に決別したのではないか
 〈野良犬〉〈酔いどれ天使〉。
 それまでの黒澤明は時代と格闘していた
 ダイナミックな時代は、映画も演劇もダイナミックである。(略)」

若い頃、黒澤明監督の〈赤ひげ〉を最初に観た時は衝撃を受けた。
人としての理想像やドラマとしての感動がそこにあった。
〈七人の侍〉〈天国と地獄〉〈用心棒〉〈椿三十郎〉・・・
好きな黒澤作品はたくさんあるけれど、
〈赤ひげ〉はその作品群の中でも最初に薦めるベスト作品。




Posted by 夜更かし中年隊 at 04:49 │震える新聞記事

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎(市)情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村にほんブログ村 オヤジ日記ブログ お茶目オヤジへ
にほんブログ村
My Yahoo!に追加
Googleに追加
Bloglinesに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
  • SEOブログパーツ
キネ旬オンライン・ショップ
< 2018年12月 >
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
プロフィール
夜更かし中年隊
夜更かし中年隊
アラカン(アラウンド還暦)世代。
親父の立場や経験から、
独り言・視線・つぶやきを交えながら
世の中を笑い飛ばして行きます。
PR
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人