2015年01月13日

こんなん出ました!?2014映画マイベスト10

相変わらずの唐突ながら、〈2014映画マイベスト10〉を勝手に発表!
〈邦画〉は大作ではないけれど、心に染み入る作品が多い。



邦画
 1.ぼくたちの家族    ※監督・役者・脚本の魅力満開!
 2.そこのみにて光輝く  ※生々しい人間愛に震えた
 3.春を背負って      ※映画の空気が気持ちいい
 4.私の男          ※悩める人間達の葛藤
 5.青天の霹靂       ※劇団ひとりの才能こそ青天の霹靂?
 6.小さいおうち      ※小さい感動で終わった・・・
 7.寄生獣          ※深津絵里・東出昌大など意外な適役!?
 8.紙の月          ※女性心理の不確かさは監督の狙い通り?
 9.蜩ノ記          ※正攻法なのは解るがそれだけ
10.家路           ※この苦悩は関係者にしか本当は解らない
次点.白ゆき姫殺人事件  ※小説の面白さに尽きる

◎「そこのみにて光輝く」は燦然と輝く
http://hayaoki1951.noramba.net/e264053.html

◎早くも来年度の期待作「小さなおうち」
http://hayaoki1951.noramba.net/e254380.html

◎噂に惑わされるな!「白ゆき姫殺人事件」
http://hayaoki1951.noramba.net/e260517.html

100

そして〈洋画〉は、違うジャンルの作品を比べることの難しさで苦悩。



洋画
 1.アメリカン・ハッスル   ※騙されても嬉しい驚きの実話作品
 2.大統領の執事の涙   ※聞くも語るも涙の凄い実話
 3.とらわれて夏       ※心の殺人鬼ジェイソン監督に殺られた
 4.ゴーン・ガール      ※女性心理の怖さ・面白さ
 5.ブルージャスミン    ※ウディ・アレンの話術にホイホイ
 6.インターステラー    ※宇宙に名を借りた魂の彷徨
 7.プロミスト・ランド     ※定番には定番の面白さが・・
 8.ガーディアン・オブ・ギャラクシー ※こういう切り口もあったのか!
 9.それでも夜は明ける  ※それでも差別は続いている
10.アナと雪の女王     ※アニメでしか描き切れない世界
次点.ラッシュ/プライドと友情 ※野郎好み?の友情物語

◎映画「アメリカン・ハッスル」にノックダウン↓
http://hayaoki1951.noramba.net/e259921.html

◎これは必見!「大統領の執事の涙」
http://hayaoki1951.noramba.net/e260619.html

◎「とらわれて夏」に囚われた?
http://hayaoki1951.noramba.net/e263877.html

◎期待の「ゴーンガール」結末の行方
http://hayaoki1951.noramba.net/e266251.html

長崎市内ではイーストウッド監督「ジャージー・ボーイズ」が未だに未公開。
映画偏差値、低過ぎないか?


Posted by 夜更かし中年隊 at 11:57 │震える~シネマ

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎(市)情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村にほんブログ村 オヤジ日記ブログ お茶目オヤジへ
にほんブログ村
My Yahoo!に追加
Googleに追加
Bloglinesに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
  • SEOブログパーツ
キネ旬オンライン・ショップ
< 2018年05月 >
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
プロフィール
夜更かし中年隊
夜更かし中年隊
アラカン(アラウンド還暦)世代。
親父の立場や経験から、
独り言・視線・つぶやきを交えながら
世の中を笑い飛ばして行きます。
PR
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人