2015年01月12日

大相撲初場所、ここが見所!

いよいよ大相撲初場所が始まった♪
相撲場所中は夕方TV観戦の楽しみがある。
場所が終了すれば、相撲同好会の飲み会も楽しみだしね♪

さて今年初場所の見所は?

まず、出来ちゃった婚約を発表したばかりの横綱:鶴竜。
今度は奥さん・子供の為にも、悲願の横綱での初優勝を早く見たい!
歴代最多32回の幕内最高優勝を果たし頂点に立つ白鵬の、
単独最多33回目の幕内最高優勝は?時間の問題だろうけど・・・
カド番の2大関:琴奨菊・豪栄道は、どれ程踏ん張れるのか?
優勝は難しくも、賑わせてくれる相撲を取って欲しい。
そして2006年元大関・栃東以来となる、日本人力士の優勝はあるのか?
史上最速の大関昇進を狙う関脇・逸ノ城は?
人気力士:遠藤の活躍も気に掛かる。

そうした中で始まった大相撲初場所の初日は大入り満員♪


 ▲満員御礼の垂れ幕が掛かると、より盛り上がる

横綱・大関合わせて6人の上位陣は、全員安泰の好スタート。
初日一番賑わったのが、次世代の注目ホープ遠藤×逸ノ城の初顔合わせ。
この取り組みには、懸賞22本が掛かっていた。
逸ノ城は身体が大きい分有利だが、仕切りから待ちの姿勢。
気持ち・立ち合いからして遠藤の方が勝っていた。
その気負い・勢いの差が出て?遠藤の完全勝利!


 ▲いいスタート切った遠藤

遠藤は見通しが良くなるようにと、おせちもレンコンをよく食べてたらしい。
見通しいい食品なら、竹輪もいけるかも?

何と!一勝負に50本もの懸賞金が掛かっていたのが、結びの白鵬×栃煌山
50本と言うのは制限時間などの関係で、1つの取組に掛けられる上限の本数。
その懸賞金は消費税増税以後は1本6万2000円。
引退後の積立金や手数料を引くと、手取りは1本3万円。
白鵬は栃煌山戦のわずか4秒で、150万円の臨時収入をゲットした事になる。
効率のいい賞金稼ぎだ。

昨日初場所初日の懸賞総数は総数130本、初日では過去最多だったとか。
その好景気振りがこっちまで回って来るのは、いつ頃だろう?




Posted by 夜更かし中年隊 at 15:21 │震える新聞記事

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎(市)情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村にほんブログ村 オヤジ日記ブログ お茶目オヤジへ
にほんブログ村
My Yahoo!に追加
Googleに追加
Bloglinesに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
  • SEOブログパーツ
キネ旬オンライン・ショップ
< 2018年05月 >
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
プロフィール
夜更かし中年隊
夜更かし中年隊
アラカン(アラウンド還暦)世代。
親父の立場や経験から、
独り言・視線・つぶやきを交えながら
世の中を笑い飛ばして行きます。
PR
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人