2014年11月19日

映画「エスター」は子供嫌いに打って付け

拾い物の傑作サスペンス映画「エスター」(2009年)を観た。
ちょっとエロくて(ここもポイント♪)話の着地点もしっかりしていて、これは面白い!
導入部の出産シーンの不可解さ・グロさからラストまで、一直線の狂気の世界。
こんな結末、今迄あったっけ?



二人の子持ち夫婦が養子縁組した少女が恐怖をもたらす、戦慄のホラー・サスペンス。

監督は「蝋人形の館」「フライト・ゲーム」のハウメ・コジェ=セラ。
「蝋人形の館」も、あのお騒がせ娘!パリス・ヒルトンが活躍する意外な拾い物だった。
夫婦役が「ディパーテッド」のヴェラ・ファーミガ(なかなかの好演!)と、
ちょっと鈍く頼りない役が絶品の「フライトプラン」のピーター・サースガード。
主役の少女エスター役をイザベル・ファーマンが不気味に演じ、見応えたっぷり。

「この娘、どこかが変だ。
子供には共犯者意識を利用し口外しないように巧みに操り、
やがて旦那を誘惑しようとするこの「エスター」なる少女は一体何者なのか?

◎「エスター」予告編


エスターはカウンセラーをどうやって信用させたのか?等の疑問も残るが、
展開はスピード感があり最後まで引っ張って魅せる。
子役の演技も拍手モノで、マックス役のアリアーナ・エンジニアは実際聴覚障害とか。
そう思って観ると、読唇術や手話演技も納得。
苦しむ動物を「可哀想だから一思いに殺しちゃえば!」とか、
久々の夫婦の営みをこっそり覗き見するとか、
「いくら映画でもそんな事、子供はやっちゃいかんだろう」のダークな世界。
男性に甘えるような仕草や行動・首と手首のリボンといった謎の伏線も、
ラストには「そういう事だったのか!?」と納得させてくれます。

今だとGYAO!で無料配信中なので、ここで観れます。
◎エスター【字幕版】
http://gyao.yahoo.co.jp/player/00597/v12385/v1000000000000001315/

こんな映画は、大勢でワイワイ騒ぎながら観るのが一番ベストかな?



Posted by 夜更かし中年隊 at 10:51 │震える~シネマ

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎(市)情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村にほんブログ村 オヤジ日記ブログ お茶目オヤジへ
にほんブログ村
My Yahoo!に追加
Googleに追加
Bloglinesに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
  • SEOブログパーツ
キネ旬オンライン・ショップ
< 2018年01月 >
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
プロフィール
夜更かし中年隊
夜更かし中年隊
アラカン(アラウンド還暦)世代。
親父の立場や経験から、
独り言・視線・つぶやきを交えながら
世の中を笑い飛ばして行きます。
PR
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人