2014年10月31日

いずれは「市老連」?

「ヒガナガ川柳」例会後、公民館の広報欄を眺めてると柳友が寄って来た。
そして「コレに川柳を投稿してました」と紹介してくれたパンフが「ながさき市老連会報」。
「市老連」とは〈長崎市老人クラブ連合会〉の略。
こんな会報誌があることも、勿論川柳投稿コーナーがある事も知らなかった。



パンフによれば「市老連」は34地区・334クラブからなり、
会員数も1万8千人余りいる実に立派な組織で会報誌は年4回発行。
昔の〈老人世代〉も平均寿命の延びでより高齢化しているし、
「老人クラブ」(この名称にもちょいと抵抗が・・・)には果たした何歳から入会出来るのか?
同じ年齢でも「老人」と呼んでしまうのさえ抵抗がある、魅力的・精力的な人もいる。
名称にオールデイズを感じつつ、思考はあれこれ駆け巡る。

今回の会報誌には定期総会の報告はじめ研修会・イベントの活動状況、
文芸欄では短歌・俳句・川柳等の投稿等が掲載されている。
その中でニンマリしたのが、松尾さん投稿の「♪ぽんこつのバラード」という歌謡詞。
 
  ♪持って生まれた 才もなく
   普通に生きて 来た俺も
   いまじゃぽんこつ 術もなし 
   恨みつらみは ないけれど
   せめて一声 怒鳴ってみたい
   このぽんこつの バカヤロ~

   耳は難聴 視力(め)はかすみ
   足も弱って 腰痛も
   誰も判っちゃ くれないし
   恨みつらみは ないけれど 
   せめて一声 怒鳴ってみたい
   このぽんこつの バカヤロ~ (抜粋)

下降線を辿る体力や我が身をやや自虐的に捉え、
なお吠えずにはいられない哀愁が感じれられ好きだなぁ。

世界で活躍する現役プロサッカー本田圭佑選手の言葉。


 ▲若い頃には黒髪時代もあった本田圭佑選手

「現実を認めたくない」自分がいて、「現実を受け入れろ」という自分もいる。
現実を認めなければ、今を生きることができない。


年配者も若いプロ選手も、考えていることは同じなのか・・・




Posted by 夜更かし中年隊 at 11:24 │なるほど~

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎(市)情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村にほんブログ村 オヤジ日記ブログ お茶目オヤジへ
にほんブログ村
My Yahoo!に追加
Googleに追加
Bloglinesに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
  • SEOブログパーツ
キネ旬オンライン・ショップ
< 2018年07月 >
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
プロフィール
夜更かし中年隊
夜更かし中年隊
アラカン(アラウンド還暦)世代。
親父の立場や経験から、
独り言・視線・つぶやきを交えながら
世の中を笑い飛ばして行きます。
PR
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人