2014年08月19日

「一日一嬉」もままならぬ

「還暦を 過ぎても恋は 純情派」 By伸峰

そっち方面も奥手?だし、アラカン人生もまだ手探りで模索中の我が身。
もうちょっと足取りも確かに日々を愉快に暮らせないかと、
本屋で見つけた山崎武也著「60歳からの人生の愉しみ方」読破。


 ▲60歳はとうに過ぎてんだけどね

人生で一番楽しい時がやってくる」 ※それは、これから次第。
〈スローライフ〉という新しい考え方を持つ
金はあってもなくても、最期は同じ」 ※でも、あるにこしたことはない!
〈60歳〉・・・年を取っても強い生き方
〈60歳〉の魅力を周りに見せる」 ※別に周囲は気にしていないけど?
自分にとっての〈最高の贅沢〉を見つける」・・・

例えば〈収入がなくなってからの生き方〉では、
非日常という別世界の世界(例えば旅行)や街中へ出て気分転換しよう。
〈独り暮らし〉になった時の為に、出来るだけ多くの想い出の種をつくる。
昔の友・親戚と旧交をあたためよう・・・


 ▲こういう友?とは毎日会いたい!

正直書いてある内容も、これ位の事は既に認識してるし実践していることばかり。
それ以上の発見や物の見方を、この本に求めたオイラが甘かった。

唯一、確かに!と思わせたのが
「本人が恵まれていると考えて満足していれば、それが幸せ。
 人生は〈結果〉ではなく〈過程〉である。
 人生の過程こそが日々の生活で、これ以上現実的なものはない。
 人生を淡々と〈味わう〉という姿勢が重要なのだ。」

映画も本も、一か所でも印象的なシーンが発見出来れば良し。
「一日一嬉」の幸せ気分を、しっかりと味あわねば!




Posted by 夜更かし中年隊 at 01:45 │近況風景

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎(市)情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村にほんブログ村 オヤジ日記ブログ お茶目オヤジへ
にほんブログ村
My Yahoo!に追加
Googleに追加
Bloglinesに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
  • SEOブログパーツ
キネ旬オンライン・ショップ
< 2018年02月 >
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
プロフィール
夜更かし中年隊
夜更かし中年隊
アラカン(アラウンド還暦)世代。
親父の立場や経験から、
独り言・視線・つぶやきを交えながら
世の中を笑い飛ばして行きます。
PR
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人