2014年06月21日

同時に二人の人を好きになったら・・・

好きな人なら、男女を問わずたくさんいる。
好きなものだって、たくさんある。
「同時に二人を好きになる」状態ってのはあまり経験ないが、
〈好きな人〉や〈好きなもの〉で溢れていることは、一種の喜びであり理想でもある。
「好き」の意味や度合いの定義は、やや不明瞭だけど・・・

しかし、この言葉には膝を打った。

もしも二人の人を同時に好きになったら、二番目の子を選べ。
 何故なら、もしも一人目の子を本当に愛していたら、
 二人目の子は好きになんてならないはずだから



 ▶これも一つの生き方

仮にもしこの格言?を信じるとすると、
浮気性で惚れっぽい人は、次々と乗り換えていかなくてはならない。
好きになったんだからしょうがない、
好きになる理由なんて要らないんだから。

新しい好きな子が出来ても、前の子が嫌いになった訳じゃない。
誰にでも長所・短所があって、〈人〉も〈もの〉も好き好き。
この世代にもなって、流石に「あの子の全てが好き」の盲目状態はならないが
「あの子のこんな処はいいなぁ、好きだな」の発見に、未だときめいている。

今の処、「さぁ、どっちを取るの?選ぶの?」と
〈究極の選択〉を迫られることもないので、穏やかな日々が過ごせているけどね。




Posted by 夜更かし中年隊 at 11:59 │なるほど~

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎(市)情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村にほんブログ村 オヤジ日記ブログ お茶目オヤジへ
にほんブログ村
My Yahoo!に追加
Googleに追加
Bloglinesに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
  • SEOブログパーツ
キネ旬オンライン・ショップ
< 2018年09月 >
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
プロフィール
夜更かし中年隊
夜更かし中年隊
アラカン(アラウンド還暦)世代。
親父の立場や経験から、
独り言・視線・つぶやきを交えながら
世の中を笑い飛ばして行きます。
PR
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人