2014年01月10日

2013洋画ベストテン選出

前日の邦画に続き、オイラの〈2013洋画ベストテン〉。
上映作品は多いが、今年はこれが一押し!の作品に乏しい。
シリーズ物やアニメが悪いとは言わないが、
新鮮な感動を洋画で味わいたい♪

 1.カルテット!人生のオペラハウス ※ホフマン監督の人柄が滲み出た心地よい作品



 2.世界にひとつのプレイブック     ※心の病の危うさと、やがて寄り添う魂の明るい未来



 3.ペーパーボーイ~真夏の引力~ ※役者達の恐れを知らぬ役作りが半端ない!



 4.テッド       ※下ネタ満載!ジョークと笑いに包まれた、今年の面白映画No1!
 5.ジャンゴ~繋がれざる者~ ※期待感をワクワク持たせる脚本と派手なアクション
 6.嘆きのピエタ   ※刺激的な描写と捻じれた母子愛、ヴェネチア映画祭金獅子賞も納得
 7.クロニコル    ※発想の面白さでビッグヒットとなったサスペンスホラー
 8.フライト      ※一見心温まる話が、裏に隠された衝撃の事実でミステリーに激変
 9.愛、アムール   ※老いと死を静かに迎える、一夫婦の崇高な?顛末



10.ゼロ・グラビティ ※3D映画で体験する宇宙。話の拡がりがもう一つだったかな?
次点:ランナウェイ~逃亡者、キャプテン・フィリップス、きっとうまくいく

見落し作品:2ガンズ、REDリターンズ、ルーパー、欲望のバージニア、悪の法則
        恋するリベラーチェ、終戦のエンペラー、ラストスタンド
見たい作品:42~世界を変えた男、母の身終い、ザ・マスター、もうひとりの息子

アクション物・ホラー・特撮、そして過激な描写に席捲されつつある洋画。
スター映画や人間ドラマが減りつつあり、洋画への憧れも喪失気味。
図体だけデカクなられても、中身が薄い作品だと寂しいなぁ。



Posted by 夜更かし中年隊 at 11:03

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎(市)情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村にほんブログ村 オヤジ日記ブログ お茶目オヤジへ
にほんブログ村
My Yahoo!に追加
Googleに追加
Bloglinesに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
  • SEOブログパーツ
キネ旬オンライン・ショップ
< 2018年10月 >
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
プロフィール
夜更かし中年隊
夜更かし中年隊
アラカン(アラウンド還暦)世代。
親父の立場や経験から、
独り言・視線・つぶやきを交えながら
世の中を笑い飛ばして行きます。
PR
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人