2013年12月21日

映画「天使のくれた時間」はXmasプレゼント

この時期、「素晴らしき哉、人生!」はじめXmas関連の映画がTV放映される。
その一本「天使のくれた時間」(2000年)は、実に心温まる素晴らしい映画。
Xmas万歳!天使万歳!ファンタジー映画万歳!



「これから起きることは、あんたが招いたことだ。メリークリスマス!」
この天使の科白から始まるストーリーは、
優雅な独身生活を謳歌していたビジネスマンが、
昔の恋人との〈もうひとつの人生体験〉から人生を見詰め直すパラレルワールドもの。

監督は「ラッシュアワー」「レッド・ドラゴン」の実力派ブレット・ラトナー。
出演は七変化俳優?ニコラス・ケイジ、如何わしい天使役にドン・チードル、
そして「この映画を見た男は、彼女と暮らしたくなる」と評判のティア・レオーニ
「ディープ・インパクト」で主役だった彼女が、特に可愛くて素晴らしい♪
セクシーなシャワーシーン・プレゼントを期待して待つ時の「ハァハァ」とした荒い息遣い、
そして「子供がやっと寝たわ」と服を脱いで迫ってくるシーンがたまらん!


 ▲実生活ではデヴィッド・ドゥカヴニーの奥さん(だった?)

長女が父親を宇宙人に乗っ取られたと信じ込む場面も可愛らしい。
「あなたエイリアンでしょ?パパにそっくりよ。私と弟を誘拐して、頭に移植しないでね」
男女二人の子役が、また名演なんだ。

「昔の女は納税申告書。3年経ったら棄てちまえ!」
「自分を見失ったからって、家族や仲間を見失うな」
「あなたと結婚しなかったら、確かなものが無くなるの」
「あなたはいい人間で、そんなあなたの傍にいると自分もいい人間になれる気がする」
「ジャック、もう充分恵まれているわ。私はここで年を取っていきたかったの」
「キラメニは一瞬だ。一生は続かない」
「パリは逃げないよ。行かないでくれ。コーヒーでも飲もう」

◎「天使のくれた時間」予告編


12月の孤独な夜が生んだ〈幻想の世界〉。
もう3回以上は見てると思うが、何度見ても心温まる大人向け作品。
結婚後13年でも、あれだけ仲の良い夫婦が羨ましくもある!?
ビデオで見る奥さんのバースデイで歌うシーンや選曲もいい。
Xmasプレゼントようなこの作品に、これから出会える人が羨ましくもある。

「あのダンナを捨てて、ボクとどう?」
「アナタじゃ物足りないわ」
これ位の会話がこなせる大人に成れてるかな?




Posted by 夜更かし中年隊 at 09:53 │震える~シネマ

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎(市)情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村にほんブログ村 オヤジ日記ブログ お茶目オヤジへ
にほんブログ村
My Yahoo!に追加
Googleに追加
Bloglinesに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
  • SEOブログパーツ
キネ旬オンライン・ショップ
< 2018年05月 >
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
プロフィール
夜更かし中年隊
夜更かし中年隊
アラカン(アラウンド還暦)世代。
親父の立場や経験から、
独り言・視線・つぶやきを交えながら
世の中を笑い飛ばして行きます。
PR
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人