2013年12月15日

革命的な3D映画「ゼロ・グラビティ」

果てしなく深遠な宇宙・・・

スペースシャトル船外活動中に事故で宇宙空間へ放り出され、
救助も期待できない絶望的状況に!
映画「ゼロ・グラビティ」は無重力(ゼロ・グラビティ)の宇宙空間を舞台に
圧倒的な臨場感で3D映像で再現したでスリリングなSFサスペンス。
原題は〈GRAVITY〉そのまま、これで良かったんでは?


 ▲漂い続ける2人の宇宙飛行士の運命

監督は「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」のアルフォンソ・キュアロン。
出演はサンドラ・ブロック、ジョージ・クルーニーと超豪華!

◎映画『ゼロ・グラビティ』予告編


YouTubeにはスタッフやサンドラの記者会見はじめ、
〈衝突編〉〈漂流編〉〈絶望編〉等の趣向を凝らした予告映像がいっぱい。
配給会社の「ゼロ・グラビティ」への力の入れ具合が推測出来る。

◎『ゼロ・グラビティ』インタビュー映像
http://special.movies.yahoo.co.jp/detail/20131212260194/

「仕事って、楽しいことばかりじゃないわ」
「親しい人と好きなことを共有できることがに感謝し、懸命に働く」
「息抜きのチャンスを逃がさない!」・・・



「スピード」時代から好きな女優さんだが、
人柄を感じさせる率直なインタビュー応答に親しみを感じる。

作品は今年の〈ベスト10〉選出はじめ、賞レースの先頭を突っ走る傑作。
しかも3D映像体験がお薦めで(少し酔いそうだけど)、
映画界を揺るがす?革新的な感動が待っている♪



Posted by 夜更かし中年隊 at 14:38 │震える~シネマ
この記事へのコメント
2Dで見たけど、3Dの方がよかったのかな~。
でも、3Dって、なんか苦手なんですよね。
Posted by かむら at 2013年12月19日 21:37
かむら さん

この作品は広い宇宙感とアクシデントの広大さから
3Dでの鑑賞が正解のようです。
3D鑑賞者の満足度は「アバター」以上とか。

しかし、長崎での3D上映は日本語版のみで、
字幕に慣れてる自分にはチョイ違和感がありました。
アニメだと吹替版もありなんですが、
実写版はやはり字幕で観たい!
スケール感も違ってくるように感じます。
Posted by 夜更かし中年隊夜更かし中年隊 at 2013年12月25日 16:25

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎(市)情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村にほんブログ村 オヤジ日記ブログ お茶目オヤジへ
にほんブログ村
My Yahoo!に追加
Googleに追加
Bloglinesに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
  • SEOブログパーツ
キネ旬オンライン・ショップ
< 2018年08月 >
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
プロフィール
夜更かし中年隊
夜更かし中年隊
アラカン(アラウンド還暦)世代。
親父の立場や経験から、
独り言・視線・つぶやきを交えながら
世の中を笑い飛ばして行きます。
PR
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人