2013年11月20日

長寿社会ニッポンの将来

日本が超長寿社会を迎えつつあるからなのか?
最近やたらに、定年後・老後のニッポン人を取り上げた企画が目に付く。

超長寿社会ニッポン人の悩み〈この先、どこまでいきるべきか
週刊現代の大特集が興味をそそる。


 ▲週刊誌の企画力は休む間もない・・・

「90歳100歳まで生きて本当に幸せか」
「子供に先に逝かれる〈恐怖〉」
「食べられない、見えない、聞こえない、歩けない そんな〈もどかしさ〉」
「友人・知人がどんどん死んでいく〈孤独〉」
「カネが減っていく〈貧乏〉」
「最後に面倒見てくれるのは誰?」・・・

誰も病気にならない保証はないし、人生何が起きるか解らない。
老後を思い通りに生き抜く事は、意外に難しくなっていくのかも知れない。

人生は大切なモノを見つける旅」。
体力の衰えと共に捨てて諦めていく人生より、
いつも新たな発見が出来る様な愉しい日々を過ごしていたい。





Posted by 夜更かし中年隊 at 13:50 │人の振り見て

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎(市)情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村にほんブログ村 オヤジ日記ブログ お茶目オヤジへ
にほんブログ村
My Yahoo!に追加
Googleに追加
Bloglinesに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
  • SEOブログパーツ
キネ旬オンライン・ショップ
< 2018年11月 >
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
プロフィール
夜更かし中年隊
夜更かし中年隊
アラカン(アラウンド還暦)世代。
親父の立場や経験から、
独り言・視線・つぶやきを交えながら
世の中を笑い飛ばして行きます。
PR
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人