2013年11月09日

男の習性・女の心情

新聞で知った、ある短編小説のストーリー。
普通の結婚生活をしていた男が、
「行ってくるよ」と出掛けたきり妻の前から突然姿を消す。
そして20年後、何事も無かったかのように家に戻って来る・・・。
あなただったら、どう相手を迎えるか?

ナサニエル・ホーソーンの小説「ウェイクフィールド」。



自分が中心的存在であった場所から抜けることで、
世の中がどんな変化を被るのか?
虚栄心や悪戯心から謎を持ちたがる夫の性癖と、
そんな特異な状況に翻弄され、やがて変化していく妻の心境。

この小説では、直ぐに帰るつもりの男の心情が長い間も家や妻に向けられ、
妻の心からは夫への情愛は徐々に消え忘れていく。
妻は夫の事を忘れていくのに、夫は妻を見続けている・・・。
身勝手な男が悟る、存在感の変化への結論。

不可解な心理と存在の不確かさを問う小説。
男はいつも夢を見続け、女性はもっと現実的。
そんな事も改めて考えさせてくれる。





Posted by 夜更かし中年隊 at 11:40 │人生いろいろ

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎(市)情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村にほんブログ村 オヤジ日記ブログ お茶目オヤジへ
にほんブログ村
My Yahoo!に追加
Googleに追加
Bloglinesに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
  • SEOブログパーツ
キネ旬オンライン・ショップ
< 2018年07月 >
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
プロフィール
夜更かし中年隊
夜更かし中年隊
アラカン(アラウンド還暦)世代。
親父の立場や経験から、
独り言・視線・つぶやきを交えながら
世の中を笑い飛ばして行きます。
PR
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人