2013年10月16日

超能力をどう使う?「クロニクル」の新感覚

長崎で、もう上映が始まっているのに気付かないでいた・・・

28歳の新人監督による低予算映画で出演者も殆ど無名。
予測不能の展開と思春期特有のリアルな心理描写が評判を呼び、
全米初登場1位を記録し一大センセーションを巻き起こした、
SF青春アクション作品「クロニクル」。



ある日突然超能力が使えるようになり、イタズラを重ねる平凡な高校生3人組。
いつしかその強大な力に振り回され、思いもよらぬ事態を巻き起こす。
その末路を臨場感あふれる映像で描いた、新感覚の超能力映画「クロニクル」。

◎映画「クロニクル」予告編


発想も展開もなかなか新鮮で、撮影のクォリティも高いと評判♪
脚本のマックス・ランディスの親は、
「アニマル・ハウスや「ブルース・ブラザース」の監督ジョン・ランディス。
ジョシュ・トランク監督は大友克洋の「AKIRA」「憧夢」に大きく影響を受けたらしい。
日本人として嬉しいね♪

予告編を見ただけで、その超能力の実態や行く末を見届けたくなる。
しかし、宣伝もせず知らない間にそっと短期上映?されてもなぁ。
売り込み方次第ではヒットする作品も、ボシャって消えていく運命なのか・・・

今週中には、是非劇場で!観ておきたい作品。





Posted by 夜更かし中年隊 at 10:09 │震える~シネマ

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎(市)情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村にほんブログ村 オヤジ日記ブログ お茶目オヤジへ
にほんブログ村
My Yahoo!に追加
Googleに追加
Bloglinesに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
  • SEOブログパーツ
キネ旬オンライン・ショップ
< 2018年12月 >
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
プロフィール
夜更かし中年隊
夜更かし中年隊
アラカン(アラウンド還暦)世代。
親父の立場や経験から、
独り言・視線・つぶやきを交えながら
世の中を笑い飛ばして行きます。
PR
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人