2013年09月22日

川の流れに寄り添う人生

「今日は警察に行かんばけん、忙しか」
「相手はできんけど、ゆっくりして行かんね」
「ご飯でも食べて、帰らんね」・・・
介護施設に入っている義父の、言葉の数々。
薬のせいか?記憶は朦朧、意識は昔の生活時代に飛んでいる。

仕事では毎日忙しそうに飛び回り、
家でもジッとしている事はあまり無かった現役時代。
定年後も自治会や人の世話で、慌しい日々だった。

それが今は食事時のみ起こされ、後はベッドで過ごす施設での毎日。
日々変化も少なく、使わない身体は硬直し歩行もままならない。
人手が足りない施設では、手を煩わせることは嫌う。
一人だけに手間は掛けられない。



寝てばかりの義父は、あまり腹も減らないらしく食事もすすまない。
食事制限はあまりなく、食べたいものを食べさせて良いとの許可で、
見舞いに行く時は、娘(=嫁)が好物を創って持参し食事時に食べて貰う。
普段はベッドから起きて食べてくれるが、
体調が良くない時は起き上がるのは勿論、好物も食べてくれない。

ベッドから起きない・食べてくれない日には、
「折角、好物を創ってきたのに・・・」と、娘は落胆し涙する。
その日の調子次第だが、しかし段々と床から離れなくなってきている。

「親が、人の生き様を示してくれているのだ」と、恩師は諭す。
日々少しずつ少しずつ、衰えていく様を見届けている。





Posted by 夜更かし中年隊 at 12:20 │人の振り見て

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎(市)情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村にほんブログ村 オヤジ日記ブログ お茶目オヤジへ
にほんブログ村
My Yahoo!に追加
Googleに追加
Bloglinesに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
  • SEOブログパーツ
キネ旬オンライン・ショップ
< 2018年12月 >
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
プロフィール
夜更かし中年隊
夜更かし中年隊
アラカン(アラウンド還暦)世代。
親父の立場や経験から、
独り言・視線・つぶやきを交えながら
世の中を笑い飛ばして行きます。
PR
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人