2013年08月20日

本屋の歩き方・時間の潰し方

本屋は暇つぶしにも情報収集にも便利だし、
図書館同様、知的好奇心を満足させるには持って来いの場所。
待ち合わせは勿論、時間が空けば立ち寄るようにしている。

嶋浩一郎著「なぜ本屋に行くとアイデアが生まれるのか」。
「ムダ」と「想定外」の出会いが、情報の化学反応を起こす!



その中に記載されてる「本屋の歩き方・5ヶ条」。

(1)本屋に行くのに目的はいらない。
  ちょっとしたことが「贅沢な情報収集の時間」になる。
(2)自分の持っている本を探してみる。
  その本の周りに、どんな本が置かれているかを見れば、
  本屋さんの個性や得意分野が一目瞭然判別される。
(3)普段行かないコーナーに行ってみる。
  普段と違う、未知の関心事と出会えるかもしれない。
(4)レジ横を見逃さない。
  その時々での、お店の一押しや「ついで買い」を狙ったものが置いてある。
  これはスーパーやコンビニでも定番のディスプレイ。
(5)迷ったら買う。
  本は入れ替わりも多く、次に来店した時は売れて無い時もある。
  少しでもピンときた本があれば買う。
  でも、財布と相談しないとね♪


 ▲何処へ向かうか?何を選択するか?

ちなみに、買ったはいいが読めずにいる「積ん読」も問題ないとの事。
買った本が読まれず積まれた状況は、自分が知りたいことや欲求の鏡。
それ等の本が日常的に目に見える処にあり、
ざっと眺め意識するだけでも知的刺激になるそうな・・・


 ▲本だけでなく、未見のDVDやビデオも・・・

昔は「ムダ」や「道草」が合理的でないと批判も浴びたりしていたが、
今の時代は「ムダ」や「道草」こそ意外な発見やアイデアが生まれる!と
180度転回したような考え方をする様になった。

仕事一筋一直線より、曲線や放物線や波線の味わいを嗜む時代。





Posted by 夜更かし中年隊 at 14:26 │なるほど~

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎(市)情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村にほんブログ村 オヤジ日記ブログ お茶目オヤジへ
にほんブログ村
My Yahoo!に追加
Googleに追加
Bloglinesに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
  • SEOブログパーツ
キネ旬オンライン・ショップ
< 2018年05月 >
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
プロフィール
夜更かし中年隊
夜更かし中年隊
アラカン(アラウンド還暦)世代。
親父の立場や経験から、
独り言・視線・つぶやきを交えながら
世の中を笑い飛ばして行きます。
PR
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人