2013年06月19日

ときめきの老婆心

ときめく心を短歌にのせた、NN新聞連載の「ときめく心:中学生の相聞歌」。

あの人が 〈おはよう〉と言う いい声だ 僕の心に 太陽昇る」(中3男子)

この歌に対しある女子は、
「おはよう」って普通に言ってるだけなのに、太陽まで昇らせないで欲しい。
そこまで感動されたら、ドン引きする、など冷ややかな声もの解説。
でも恋する少年の太陽まで昇らせたい弾む気持ち、
オイラには経験上よ~く解る♪



恋かなと 思う間は 恋じゃない 本当の恋は 心が燃える」(中3男子)

思春期は少年の方がロマンチック?
いや、いくつになっても〈男はロマンチック〉で〈女性は現実的〉なのかも?





Posted by 夜更かし中年隊 at 13:40 │人生いろいろ

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎(市)情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村にほんブログ村 オヤジ日記ブログ お茶目オヤジへ
にほんブログ村
My Yahoo!に追加
Googleに追加
Bloglinesに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
  • SEOブログパーツ
キネ旬オンライン・ショップ
< 2018年12月 >
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
プロフィール
夜更かし中年隊
夜更かし中年隊
アラカン(アラウンド還暦)世代。
親父の立場や経験から、
独り言・視線・つぶやきを交えながら
世の中を笑い飛ばして行きます。
PR
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人