2013年04月26日

何でこうなる?作家:伊集院静を巡る世界

伊集院静著「乳房」は、平成3年度の吉川英治文学新人賞受賞作。
その本が、手元に2冊ある。
共にBook Off で買ったやつで、各100円也。
単行本と文庫本、何で同じ本が二冊?ボケたんかい!?

何でこうなる?作家:伊集院静を巡る世界
 ▲大きさの違いはあるが、同じ本が2冊

「くらげ」「乳房」「残塁」「桃の宵橋」「クレープ」からなる5編の小説には、
過去を振り返った時感じる切なさや愛惜が詰まっている。

「駄目よ修ちゃんは、もっと遊ばないから、奥さんに先に遊ばれちゃうのよ」
「嫌だわ、そんな目をしちゃ、なる実もならなくなるわよ」
「急に善人なんかになっちゃうと、上手くいくもんも上手くいかないんでないの」
「・・・公子はどこか女として欠落していると思った」
「いくら惚れて一緒になったって言っても、男と女はひとりづつ別の人間なんだ」
「やだ、少し手が濡れてる。助平なんだ」
「どんな男をも受け入れる健康な肉体が、
 私が掴むたびに号令のようにあえぎ声を上げていた」
「この程度でもめる女なら、この先同棲もできないだろう」
「先のことを考えると、ため息をつきたい時はあった」・・・

別に色っぽいベッドシーンや舌舐めずりするような処でもないのに、
伊集院氏の書く文章はどこか色っぽく懐かしい。

彼をインタビューした取材陣は、後から「かっこええ~」と溜息をもらすんだそうな。
作詞家の阿木燿子に言わせると、伊集院氏は酒場では
「いつもニコニコしてて、罪作りな程女性には優しい」そうな。

傍に好きな女性と酒さえあれば、男って生き物は楽しくなれるもんさ。
男も、女も、年齢に関係無く、色気を無くしちゃいかんね。

何でこうなる?作家:伊集院静を巡る世界

「忙しい時ほど、物の見方は広角的になる」
「本物には訴える何かが備わっている」
「平等性を失うことは絶対にやめよう」
「5つ下と5つ上に優秀な人がいたら、尊敬しよう」
「自分を頼りにしてきたり相談してくる人がいたら、ベストを尽くそう」
「3年黙ってひとつのことをやり続けなさい」
「すぐに役に立つことは、すぐ役に立たなくなる」

作家:伊集院静の「大人の流儀」を少し見習って、オイラも・・・





Posted by 夜更かし中年隊 at 15:23 │笑って眠れ

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎(市)情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村にほんブログ村 オヤジ日記ブログ お茶目オヤジへ
にほんブログ村
My Yahoo!に追加
Googleに追加
Bloglinesに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
  • SEOブログパーツ
キネ旬オンライン・ショップ
< 2019年09月 >
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
プロフィール
夜更かし中年隊
夜更かし中年隊
アラカン(アラウンド還暦)世代。
親父の立場や経験から、
独り言・視線・つぶやきを交えながら
世の中を笑い飛ばして行きます。
PR
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人