2013年03月10日

一度はナマで!「キネ旬授賞式」

アカデミー賞同様、まだ本舞台は未経験の「キネ旬ベスト・テン授賞式」。

邦画界の伝統あるキネ旬の表彰を受けることは、
関係者・俳優にとっては一種NHKの紅白みたいなものでは?と勝手に思っている。
毎年東京で開催されるその授賞式の模様が、今回のキネ旬に掲載されている。
選出された作品と共に、受賞者のコメントにいつもニヤリ!
新藤兼人監督は「存在していることがベスト・テン」の名台詞で高齢受賞していた。

今年の主な受賞作品・受賞者から。

■日本映画作品賞:『かぞくのくに』(ヤン・ヨンヒ監督)
 まだ長崎では未公開!セントラル劇場さん、期待してます。



■外国映画作品賞:『ニーチェの馬』(タル・ベーラ監督)
 これまたDVD鑑賞になるのか・・・
■日本映画監督賞:周防正行監督(『終の信託』により)
 「デビュー当時はカルトムービー作家、数年後は娯楽映画の監督、今は社会派。
 毎年違うレッテルを貼られるよう、いろんな作品を生み出していきたい」
 オイラは娯楽映画の監督に期待してます♪
■外国映画監督賞:マーティン・スコセッシ監督(『ヒューゴの不思議な発明』)
 スコセッシ監督の映画への愛に溢れていたなぁ。
■脚本賞/読者選出日本映画監督賞:内田けんじ監督(『鍵泥棒のメソッド』)
 「自分が見たい作品をつくりたい」
 この作品は二度目がもっと面白い!?

■主演女優賞/助演女優賞:安藤サクラ(『かぞくのくに』/『愛と誠』『その夜の侍』ほか)
 「宇宙に向けて、私の感謝の気持ちが爆発しています!」
 ちなみに主演女優賞と助演女優賞の同時受賞はキネ旬初!とか。
 「愛のむきだし」「ケンタとジュンとカヨちゃんの国 」「愛と誠」でも存在感は抜群!



■主演男優賞:森山未來(『苦役列車』)
 「興行的にいろいろあって、出来上がってからが〈苦役列車〉」
 確か原作者からの苦いコメントが、マスコミを賑わせていましたね。
 今年は「北のカナリアたち」でも場面を浚ってました。
■助演男優賞:小日向文世(『アウトレイジ ビヨンド』)
 「映画の賞をいただくのはこれが始めて。
 ほんとうに一票の差でいただけたんだな・・・」と感慨深げ。
■新人女優賞:橋本愛(『桐島、部活やめるってよ』『ツナグ』『Another アナザー』ほか)
 「こんなクソガキを愛してくださった皆さんのおかげで、生きててよかった・・・」



  ▲この顔からの自虐的な〈クソガキ〉発言には、チョイびっくり!

■新人男優賞:三浦貴大(『ふがいない僕は空を見た』『あなたへ』『わが母の記』ほか)
 「今年で28歳になるんで、そんなにフレッシュじゃない感じで申し訳ない。
 今の僕にとって、父(三浦友和)はある種の〈夢〉かな」
 ちなみにキネ旬規定の新人扱いは、デビュー3年以内とか・・・

■読者選出外国映画監督賞:ベン・アフレック監督(『アルゴ』)
 監督デビュー作「ゴーン・ベイビー・ゴーン」から演出力に注目してたんで、超納得。
 未見の方は是非ご覧あれ!損はしません、その力技に唸ります!
■キネマ旬報読者賞:大高宏雄(キネマ旬報「ファイト・シネマクラブ」の連載により)
 映画界の抱える問題を取り上げ、オイラも楽しみなコラム♪

今年のダークホースは、吉田大八監督の「桐島、部活やめるってよ」。



長崎では地味な公開でしたが、都会では再公開で人気急上昇!
男女若手俳優陣オンパレートの面白い作品でした。
そういえば「アルゴ」など今年は公開当時より、
後々ジワリ!と評判呼んで再公開ってのが目に付きました。
それだけ宣伝が行き届いていないのか、作品の良さが充分PR出来ていないか?
公開1~2週の興収で直ぐ上映を打ち切る上映形態への問題提起かも。

キネ旬のベスト・テンには、プロ選出と読者選出の2種類がある。
プロ選出作品は都心部公開作品が中心を占めたり、
読者選出は観た人が多いと有利になる興行収入に影響されたり・・・。

ベスト・テンや表彰式の裏側にも、いろんなドラマがある。





Posted by 夜更かし中年隊 at 18:47 │震える記事

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎(市)情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村にほんブログ村 オヤジ日記ブログ お茶目オヤジへ
にほんブログ村
My Yahoo!に追加
Googleに追加
Bloglinesに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
  • SEOブログパーツ
キネ旬オンライン・ショップ
< 2018年01月 >
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
プロフィール
夜更かし中年隊
夜更かし中年隊
アラカン(アラウンド還暦)世代。
親父の立場や経験から、
独り言・視線・つぶやきを交えながら
世の中を笑い飛ばして行きます。
PR
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人