2013年02月09日

履歴書がある「夜行観覧車」の登場人物たち

「本屋大賞」や「このミス」等の受賞で火が付き、
本も映画も傑作!と言える面白さ・斬新さでブレイクした、湊 かなえの「告白」。
昨年公開の「北のカナリアたち」(原作:往復書簡)も、若手実力者共演で見応え充分。
WOWOWでドラマ化されて評価も高かった「贖罪」も
黒沢清監督のパワフルで刺激的な演出を楽しませて貰った。

その後も「湊 かなえ」印の商品は「高校入試」のTV脚本、
現在放映中の「夜行観覧車」とドラマ化が続き、話題に事欠かない。



今まさに、「作家・湊 かなえ」は旬なのかも知れない。
この作家の作品は綿密な人物描写と練られた文章構成、
そして底意地の悪い先読み・深読みが怖くて面白い。
登場人物の徹底した性格付けをする為に、脇役一人一人にも履歴書があるという。
そう言われて読んでると、確かに緻密なプロフィールの片鱗が感じられる。



旬の美味しさを味わうため、つい「夜行観覧車」文庫版を買ってしまった。
またきっと、一気に読まずにおれない面白さが待ってることだろう♪






Posted by 夜更かし中年隊 at 22:17 │震えて眠れ

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎(市)情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村にほんブログ村 オヤジ日記ブログ お茶目オヤジへ
にほんブログ村
My Yahoo!に追加
Googleに追加
Bloglinesに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
  • SEOブログパーツ
キネ旬オンライン・ショップ
< 2018年06月 >
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
夜更かし中年隊
夜更かし中年隊
アラカン(アラウンド還暦)世代。
親父の立場や経験から、
独り言・視線・つぶやきを交えながら
世の中を笑い飛ばして行きます。
PR
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人