2012年10月28日

女性の佇まい野郎の風情

笑い方・喋り方・佇まい・身のこなし・・・
オイラは女性の、そんなちょっとした仕草に色香を感じてしまうのだが、
女性はこの作家のどんな処に魅力を感じるのだろう?

阿川佐和子の「今、女性にも男性にもモテモテの作家」の紹介で始まった
土曜の朝のお楽しみ「サワコの朝」。
今回のゲストは直木賞作家・作詞家の伊集院 静氏。
「大人の流儀」2編や直木賞作品他を堪能したが、遅れて来た無頼派作家風情。
「気の強い女性が好み」らしいが前妻は夏目雅子さん、
今の奥さんが篠ひろこさん、なかなかいい趣味。

女性の佇まい野郎の風情

「理不尽な事がないと、世の中が学べない」
「辛い事にどれ位耐えてきたかが大事」
「ギャンブルと女でしか借金をしない。
 借りる時は、相手がどれ位出せるか値踏みをしないとだめ」
「男は『君をずっと幸せにする』位のことは、勢いに任せて言いますよ」
「喧嘩して声の大きい男はたいしたことない」・・・

様々な場面・場数を踏んでるんで、それが魅力となってるのか?
男の顔は履歴書、女の顔は・・・
♪男の肩と 背中には むかしの影が ゆれている 
    ~「男の背中」 歌:増位山太志郎~

阿川さんと伊集院氏との、丁々発止のやり取りが充分楽しい30分でした。






Posted by 夜更かし中年隊 at 07:25 │人の振り見て

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎(市)情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村にほんブログ村 オヤジ日記ブログ お茶目オヤジへ
にほんブログ村
My Yahoo!に追加
Googleに追加
Bloglinesに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
  • SEOブログパーツ
キネ旬オンライン・ショップ
< 2019年08月 >
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
夜更かし中年隊
夜更かし中年隊
アラカン(アラウンド還暦)世代。
親父の立場や経験から、
独り言・視線・つぶやきを交えながら
世の中を笑い飛ばして行きます。
PR
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 6人