2012年09月24日

転んでも?ただじゃ起きない直木賞

ちょっと前の話。
芥川賞掲載の「文藝春秋」を買いに書店へ行き、家に帰って袋を開けてビックリ!
「文藝春秋」ではなく、直木賞掲載の「オール讀物」を買ってしまっていた。

何をどう間違ったのか?
いろんな雑誌を立ち読みしてる内に、最終的に「〇〇賞発表」の文字だけを見て選択。
芥川賞と直木賞の確認もせず、間違えて購入してしまったらしい!?face07


 ▲間違えて購入してしまった「オール讀物」だったが・・・

「文藝春秋」は読みたい記事も多く掲載され楽しみなのだが、
「オール讀物」は記事や特集より、タイトル通り小説掲載が多い。
一瞬「間違えて損したなぁ」と思ったが、
直ぐ「直木賞も読みたかったから、それもいいか?」と気分転換。
流石、血液型O型?諦めも早いし、気分転換が適当・・・?

そして読み上げた、147回直木賞発表「鍵のない夢を見る」関連の特集記事、
これが期待以上に面白かった♪

直木賞受賞短編作品辻村 深月著「芹葉大学の夢と殺人」の夢を巡る不可思議な恐怖。


 ▲受賞作の一編読んだだけでも才能感じさせる直木賞作家・辻村 深月さん

自伝エッセイ「17歳のサイン会」での、作家としての心意気。
山梨県の同郷作家・林真理子との対談「私も若い時はそうだったよ」の可笑しさ。
そして、「そのとき、直木賞は」の意外な真実発見のコラム!・・・

いや~ぁ、読み応えがたっぷりありました。
雑誌は間違えて買ったけど、却って良かった?
新直木賞作家・辻村 深月も新鮮な才能ありそうで、これから読むのが楽しみ♪
次の本は、映画も近々公開の辻村 深月著「ツナグ」に決定だな。





Posted by 夜更かし中年隊 at 02:00 │拡がる世界

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎(市)情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村にほんブログ村 オヤジ日記ブログ お茶目オヤジへ
にほんブログ村
My Yahoo!に追加
Googleに追加
Bloglinesに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
  • SEOブログパーツ
キネ旬オンライン・ショップ
< 2018年09月 >
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
プロフィール
夜更かし中年隊
夜更かし中年隊
アラカン(アラウンド還暦)世代。
親父の立場や経験から、
独り言・視線・つぶやきを交えながら
世の中を笑い飛ばして行きます。
PR
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人