2012年08月21日

大人の流儀、子供の我儘

伊集院 静著「続・大人の流儀」。
何をもって大人と呼ぶのか?〈生き様を持った人〉と勝手に解釈。

「世の中の肌触りを覚えるには、理不尽と出逢うのがいい」
「離婚の席で愛だとか絆だとか、馬鹿を抜かせ!アホを抜かせ!」
「若くして金を得たり、親の金をアテにする若者は十中八九、後の人生を失敗する」
「人間少しは悩まなくちゃ、人生面白くありません」
「損・得で仕事を選んじゃ、淋しい人生になります」
「世の中がカシコイのとヨウリョウガイイのばかりでは、気味が悪くて外を歩けない」
「イイ人というのは、どうして貧乏なんだろう」
「幸福のすぐ隣に哀しみがあると知れ。大人になるとは、そういうことだ」
  (どれも曖昧な記憶で、言葉の正確さに自信ありません)face04


 ▲迷いのない言葉と歯切れが心地いい、伊集院 静氏

「君はエイズ大丈夫なの?」
「先生、家族の前でそういう質問は・・・」

「カラオケ百連発」(30曲位なら昔、お店のお姐ちゃんと交替でやった記憶が・・・)
「煙草屋までの旅」、人生いたるところに旅があるという発想もいい。

失敗も、失恋も、後悔も、狂気も、一人旅も知らないヤツに人生は語れない。





Posted by 夜更かし中年隊 at 06:33 │人の振り見て

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎(市)情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村にほんブログ村 オヤジ日記ブログ お茶目オヤジへ
にほんブログ村
My Yahoo!に追加
Googleに追加
Bloglinesに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
  • SEOブログパーツ
キネ旬オンライン・ショップ
< 2018年06月 >
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
夜更かし中年隊
夜更かし中年隊
アラカン(アラウンド還暦)世代。
親父の立場や経験から、
独り言・視線・つぶやきを交えながら
世の中を笑い飛ばして行きます。
PR
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人