2012年06月22日

古傷が痛む原監督のスキャンダル

今マスコミを大いに賑わしている、原監督の昔の!女性スキャンダル。

原監督がまだ現役だった、24年も前の話。(古ネタ過ぎないかい?)
遠征先の女性スタッフとの〈深い関係〉をネタに、
元暴力団(否定説もある)がもみ消し費用1億円を要求。
原監督はお金をかき集め全額支払った・・・と、まるでドラマの世界の様。


 ▲いやぁ、もて過ぎちゃって・・・

お金ってのは、ある処にはあるんだなぁ。
暴力団だったかどうかより、脅迫に応じたこと事態が問題とされている。
脅迫じみた犯罪・金額の要求に、暴力団も一般人もない。
そして、誰がこの昔の情報を流したのか?(清武さんもいい迷惑?)

更に面白い?のは、原監督が警視庁作成の「暴力団追放」ポスターで
「暴力団を恐れない」「暴力団に金を出さない」「暴力団を利用しない」という
キャンペーンも展開した経緯があるという事実。


 ▲原監督も昔こんな事やってたんですね

ポスターには「暴力団のことで困ったら、すぐ相談」と書かれていますが、
それに反して、自らはそれを実行していなかったというオチ。
これは「暴力団のことで困っても、ボクはすぐに相談しない」のパロディかい!?

読売系のスキャンダルという事で、日テレ系の報道番組では
当然?このニュースは無視されています。(@_@)

昔を振り返れば、似たような事件がありました。
ノリピーが「ドラッグ追放キャンペーン」を繰り広げる傍らで、
自分は麻薬使用者になっていた・・・のと、似たり寄ったりの同パターン。


 ▲芸能界は甘い罠が多いのか・・・

事件はやはり、繰り返される?

女の古傷の一つや二つは、誰にでもあるもの。(・・・と思う)(^_^;
こういう事があると連鎖反応で、また似たような脅迫や事件が起こったりする。
有名人にもなるとパパラッチは多いし、尚更気を付ける必要もある。
有名人でなくても、「酒」と「涙」と「女」と「賭け事」には甘い落し穴が待っている。

一通りの経験積んでいても落し穴に落ちて、また同じ穴のムジナ。
似たような事を繰り返し、未だに泣いたり・悔やんだり・ほくそ笑んだりの毎日。





Posted by 夜更かし中年隊 at 00:51 │人の振り見て

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎(市)情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村にほんブログ村 オヤジ日記ブログ お茶目オヤジへ
にほんブログ村
My Yahoo!に追加
Googleに追加
Bloglinesに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
  • SEOブログパーツ
キネ旬オンライン・ショップ
< 2018年11月 >
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
プロフィール
夜更かし中年隊
夜更かし中年隊
アラカン(アラウンド還暦)世代。
親父の立場や経験から、
独り言・視線・つぶやきを交えながら
世の中を笑い飛ばして行きます。
PR
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人