2012年05月25日

コンドルは歌い継がれ、飛んで行く

朝の通勤、カーラジオから流れる歌のない「♪コンドルは飛んで行く」。
すると、運転する子供がメロディーを口ずさんでいる♪
何故知ってるのか?と尋ねると、学校で習いリコーダーで吹いていたらしい。


 ▲これがコンドル

自分等が習った音楽の教科書と言えば、童謡や唱歌が主だったが、
そうか!今は名曲は音楽の教科書に掲載され、歌い継がれていくのか・・・
こうやって歌を共有出来るのも、情操教育のお蔭。


 ▲これは混んどる?

世代を超えた曲の意外な共有に、ちょっと嬉しくなった朝でした。

◎コンドルは飛んで行く/Simon & Garfunkel


201

「♪コンドルは飛んで行く」はサイモンとガーファンクルの代表曲の一つ。
福岡ドームで1993年12月1日待ちに待ったS&Gの来日公演があり、
まだ幼い二人の子供を近所のチイパパ&ママに預け、夫婦で聴きに行った事がある。


 ▲左がガーファンクル、右がサイモン。共に役者として活躍した事もある。

前座が南こうせつで、チケットは一人1万円以上したように思う。
懐かしい曲やお馴染みの曲がナマで聴けて充分満足したのだが、
流石にアート・ガーファンクルの高音域の声は、最盛期みたいには出てなかった。

S&Gと言えば、映画「卒業」。
最初の上映が高校時代で、当時劇場で20回程鑑賞した記憶がある。
流れるような映像にマッチしたS&Gの名曲の数々。
キャサリン・ロスも良かったが、ロビンソン夫人のアン・バンクロフトの熟女っぷり!
忘れられない映画の1本!



S&Gの「ボクサー」とか「アメリカ」とか、また聴きたくなったなぁ。





Posted by 夜更かし中年隊 at 08:50 │なるほど~

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎(市)情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村にほんブログ村 オヤジ日記ブログ お茶目オヤジへ
にほんブログ村
My Yahoo!に追加
Googleに追加
Bloglinesに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
  • SEOブログパーツ
キネ旬オンライン・ショップ
< 2018年08月 >
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
プロフィール
夜更かし中年隊
夜更かし中年隊
アラカン(アラウンド還暦)世代。
親父の立場や経験から、
独り言・視線・つぶやきを交えながら
世の中を笑い飛ばして行きます。
PR
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人