2012年05月22日

やるか!?売り言葉に買い言葉

街の曲がり角で、ガツン!と身体がぶつかった。

「気をつけろ!危ないだろう、バカ!」
「何だと、バカはお前だろ」
売り言葉に買い言葉、一つ間違えば喧嘩沙汰。face07
世の中には、喧嘩を売って歩いている様な輩が結構いる。



「あっ、失礼しました」
「いえ、こっちこそ不注意で!」
言葉の選択一つで、何事もなかったかの様に済ませる事も出来る。

コンビニに勤めの定員泣かせのお客。
お弁当を抱えレジに持ってきたので、「温めますか」と聞いても沈黙。
聞こえなかったのかも?と思いもう一度聞くと、「温めて欲しければ、こっちから言う」。

このヒネクレ者~!!!

サラダを買うお客様に、「ドレッシングは別売りですが、よろしいですか?」と聞くと
「この店は、ドレッシングを一緒に買わんと売らんのか!」



文句を付ける客に限って、店員の応対の悪さを指摘する場合が多い様に思う。
コミュニケ―ション能力不足と言うか、自分の事しか考えてない。見えてない。
コンビニは客商売なので、老若男女色んな人が出入りする。
お客様に気を使うのが、客商売のコンビニ店員。
気を使わないコンビニ定員も困りものだが、傍若無人のお客の態度も困りもの。
そんなお客は、「無視する」か「黙殺する」に限る!?
でないと、一日不愉快な気分を引きずってしまう。

何事もお互いのちょっとした思いやりや気遣いで、丸く治まる事はあるんだけどなぁ・・・

100

白石 一文著「この世の全部を敵に回して」読破。

「私は子供たちのことも妻のことも愛していない」
「人間は癌のような存在だ」・・・
と断言する事から始まるストーリー、というか手記形式の哲学論?



「憐憫と憐みだけが私たちにとって尊い感情であり、私たちの心を根底から潤す」。
タイトルが刺激的で片寄り過ぎの理論ではあるが、言っている事は単純で理解できた。




Posted by 夜更かし中年隊 at 09:03 │震える言葉

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎(市)情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村にほんブログ村 オヤジ日記ブログ お茶目オヤジへ
にほんブログ村
My Yahoo!に追加
Googleに追加
Bloglinesに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
  • SEOブログパーツ
キネ旬オンライン・ショップ
< 2018年11月 >
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
プロフィール
夜更かし中年隊
夜更かし中年隊
アラカン(アラウンド還暦)世代。
親父の立場や経験から、
独り言・視線・つぶやきを交えながら
世の中を笑い飛ばして行きます。
PR
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人