2012年04月29日

子はかすがい、孫はちょうつがい?

「還暦同窓会」に参加出来なかった、神奈川の同級生からの急な電話。
定年を迎えたが上の子供が大学生、下はまだ中学生だという。
学校を卒業させる迄、まだ一山二山越えねばならない垣根もある。
子供の教育や将来について、子育て中なので悩む事も多いらしい。

我が家は幸い二人の子供も社会人になり、これからは夫々が自分の人生。
子供を社会へ送り出し一人前にやって行けるか?心配になるのが親心。



子供から・子供を通して、教わる事や拡がる世界もあった。
「子供が親を育ててくれる」事も多かった様に思う。
いろんな人に助けられ教えられ支えられて、ここ迄やれてこれたのだと思う。

100

今日のNN新聞の読者投票「紅皿」には、
孫とお祖母ちゃんの微笑ましい関係がが記されていた。

◎「会いに行くから」 福岡県・女性

「おばあちゃん、ただいま」
「お帰り。保育園は楽しかった?」の言葉に、Vサインと満面の笑みの5歳の孫。



ある日、「死ぬって天国に行くことやろ?」と聞くので、
草や花が枯れるように人は誰でもいつかは死ぬこと、
そして「ばあちゃんも歳を取って、いつかは死ぬのよ」と話すと、
「その時は、いっしょに連れていってね」
「残念だけど絶対にできない。一人で行かなければならないの」と言うと、
涙を流しながら、「会いに行くから、天国に行く道を教えておいて」と頼まれる。

「まだ、道はわからないのよ」と答えると私を見つめ、
「じいちゃんの車にカーナビを設置して会いに行くから、
 いるところがわかるようにしてね」



文章は、現代っ子らしくカーナビで天国へ会いに来てくれる孫への感謝と、
孫のお蔭で、あの世も楽しいところのような気もする。
でも、しばらくはこの世で楽しく過ごしたい・・・と結ばれる。

100

こんな孫なら、可愛くてたまらんだろうなぁ。
そんな孫を育てたのは両親だけではなく、お祖父さん・お祖母さんでもある。
子供は環境次第で、どうにでも育つ。
お祖父さん・お祖母さんがいる子供は、優しい子になれるそうです。



タグ :子育て紅皿


Posted by 夜更かし中年隊 at 03:55 │人生いろいろ

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎(市)情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村にほんブログ村 オヤジ日記ブログ お茶目オヤジへ
にほんブログ村
My Yahoo!に追加
Googleに追加
Bloglinesに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
  • SEOブログパーツ
キネ旬オンライン・ショップ
< 2018年09月 >
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
プロフィール
夜更かし中年隊
夜更かし中年隊
アラカン(アラウンド還暦)世代。
親父の立場や経験から、
独り言・視線・つぶやきを交えながら
世の中を笑い飛ばして行きます。
PR
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人