2012年04月25日

本を読む馬鹿、読まない阿呆

少し前に読んだ本、村山 由佳著「星々の舟」と道尾 秀介著「月と蟹」。
共に直木賞受賞作で読み応えはあるのだが・・・

星々の舟」、愛とは?家族とは?幸せとは?何かを
一家族の変遷を辿って描くテーマは面白いのだが、
如何せんストーリーの核となる兄妹を巡る近親相姦の話に最後まで馴染めず(^_^;



月と蟹」は、小学生の「ヤドカミ様」へのたわいなくも残虐な儀式や願い事など
やりきれない思いと暗さが充満して、読後も辛い作品だった。

月と蟹 道尾秀介 著/文藝春秋

月と蟹 道尾秀介 著/文藝春秋
価格:1,470円(税込、送料別)



そこで何とか気分転換したいと、今読んでると言うより目を通している本が、
メガミックス編「人生を教えてくれた傑作!広告コピー516」。



ハートをあげる。ダイヤをちょうだい」(サントリー/バレンタインギフト)
   女性は男の恋心を逆手に、物をおねだりする天才。
   そうと知っていながら、贈り物をする男心。

いい女になるためには、悪い女にもならなくちゃあね」(マリークワントコスメッチックス)
   キレイなだけで優等生の女の子より、
   ワガママだったりチョッピリ意地悪な女に、男は魅力を感じる?

アホに頭を下げていませんか」(ローヴァ/求人広告)
   アホだけど上司、そんな人がいます。
   そんな会社にいて卑屈になるのは、もっとアホ。



感動と共感の名作コピーに、簡潔で言い得て妙の洒落た解説。
優れたコピーは時代を鋭敏に切り取った格言。





Posted by 夜更かし中年隊 at 01:46 │震える言葉

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎(市)情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村にほんブログ村 オヤジ日記ブログ お茶目オヤジへ
にほんブログ村
My Yahoo!に追加
Googleに追加
Bloglinesに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
  • SEOブログパーツ
キネ旬オンライン・ショップ
< 2018年10月 >
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
プロフィール
夜更かし中年隊
夜更かし中年隊
アラカン(アラウンド還暦)世代。
親父の立場や経験から、
独り言・視線・つぶやきを交えながら
世の中を笑い飛ばして行きます。
PR
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人