2012年04月27日

懐かしの任侠映画「人生劇場」

♪やると思えば 何処までやるさ
 それが男の 魂じゃないか・・・

久々に、義理と人情の世界を描く「人生劇場」を観る。
小さい頃?は「国定忠治」や「忠臣蔵」「清水次郎長」等といった定番映画があって、
違うキャスト・スタッフで幾度も映画化され数々の名作を生んできた。

今回の「人生劇場」は監督加藤泰、十三度目の映画化のヤツ。



「人生劇場」は愛知県吉良町出身の作家:尾崎士郎の代表作で
当初は都新聞小説として連載された。
上京した早稲田大学の学生・青成瓢吉の小説家への夢を描く青春と、その後が舞台。
「青春篇」「愛慾篇」「残侠篇」「風雲篇」「離愁篇」「夢幻篇」「望郷篇」「蕩子篇」と
読み応えドッカリ!の自伝的大長編。
・・・と書くと思い出すのは、同じ早稲田大学の後輩・五木寛之未完の長編「青春の門」。
何処か似ているのも当たり前、この「人生劇場」が手本となっている。

加藤泰監督版、タイトルは「人生劇場 青春・愛慾・残侠篇」(1972年・松竹)。
凄いのはスタッフ同様、出演するスター達の数々。
脚本は名匠:野村芳太郎と三村晴彦、監督加藤泰は脚本執筆にも参加。
主人公青成瓢吉に竹脇無我、森繁久彌・田宮二郎・高橋英樹・渡哲也・笠智衆
女優陣が倍賞美津子・香山美子、隠れた名優を発見する楽しみも。
各俳優陣がギラギラと若くて魅力的、つい昔を懐かしんだぜ。



幾度も映画化されるのも納得の、任侠道ひと筋に生きる男達。
彼等をめぐる、タフで色っぽい多彩な女たち。
それぞれ一途な情熱で各自の人生をたどる姿が哀感と郷愁を呼び、
時の流れの早さへの感慨にタップリ浸った大河ドラマでした。

次はGWに、松坂慶子&永島敏行版「人生劇場」を見比べて観るかな?





Posted by 夜更かし中年隊 at 06:39 │人生いろいろ

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎(市)情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村にほんブログ村 オヤジ日記ブログ お茶目オヤジへ
にほんブログ村
My Yahoo!に追加
Googleに追加
Bloglinesに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
  • SEOブログパーツ
キネ旬オンライン・ショップ
< 2018年01月 >
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
プロフィール
夜更かし中年隊
夜更かし中年隊
アラカン(アラウンド還暦)世代。
親父の立場や経験から、
独り言・視線・つぶやきを交えながら
世の中を笑い飛ばして行きます。
PR
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人